CATEGORY アパタイト

近親相姦エロ漫画 俺の妹は、ツンデレで変態でした〜お兄ちゃんの前でだけなんだからね!

永沢一輝(ながさわかずき)には、妹が居ます。
妹は、永沢真央(ながさわまお)。
ちょと難しい年頃の娘です。
‘真央’は、しっかりもので、明朗快活、勉強も出来き、学園でも人気の完璧超人!
そんな‘真央’に、何時もきつく当たられ‘兄’なのに頭の上がらない‘一輝’

とある何時も通りの日。

何時も通り‘遅刻寸前’。
何時も通りに‘妹’に叩き起こされる‘兄’

不満を言いながら、共に遅刻を回避すべく大混雑する電車に乗って通う‘兄妹’。
あまりの混雑に‘兄妹とくっついたまま動けません。
そんな時、偶然か神様の悪戯か電車の揺れで

‘真央’の胸が主人公に‘一輝’押し付けられてきます。

‘妹’とはいえ、年頃の美少女。
変な意識をしてしまい、ドキドキしてしまう‘兄’。
そんな‘兄’の変化に気付く‘妹’。

「まさか、欲情しちゃった?」

言い返せない‘兄’
そんな‘兄’に‘妹’は小悪魔な笑みを浮かべ、

「私、妹だよ?」

と。

そして‘妹’は‘兄の膨らんだモノ’に手を延ばし……。

近親相姦エロ漫画 嫁の妹との淫愛〜妻に隠れて交わる夫と義妹

主人公‘範田正行’と‘まゆ花’は7年もの交際期間を経て
めでたくゴールイン。

今日は、二人の新居で荷物整理をしています。
そこに義妹の‘夏目紗々’が、お手伝いにと自宅へ訪ねてきた。
‘まゆ花’の手伝いをしている‘紗々’。
すると‘まゆ花’に

「こっちは大丈夫だから、向こうをお願いできる?」

と言われ‘正行’の手伝いに行く‘紗々’。
‘紗々’は‘正行’わざと寄ったりして、身体をくっつけながら
作業しています。

そして、突然
「初めて見かけた時から、ずっと好きだったんだよ?」
と言い寄ってくる‘紗々’。

突然の告白に手が止まってしまう‘正行’。
そんな‘正行’に迫り、キスする‘紗々’。
見つかるからと離れようとする‘正行’。

「大丈夫、見つからないから…」

と言い、さらにキスしてくる‘紗々’。
乗り気になれない‘正行’に、服をめくり上げて本気を
アピールする‘紗々’です。

「ね? しよ……? 大丈夫、姉さんは向こうだから!」

などと言いながら唇を重ねる‘紗々’と‘正行’。
‘正行’の欲望もどんどん高まってくるのだった。

そんな時‘まゆ花’がやってきます。
衣服の乱れを直して、パッと離れる‘正行’と‘紗々’。

怪しむ様子も無く
「夕食、食べていくんでしょ?」
と‘まゆ花’は‘紗々’に聞いてきます。

それに対して
「うん。姉さんの手料理おいしいから、大好き」
何事も無かったかの様に答える‘紗々’

「それじゃ、夕食の買い物してくるから。よろしくね」
そう言いながら出かけていく‘まゆ花’。

「いってらっしゃ〜い」

褒められ上機嫌に出掛けて行く‘まゆ花’。
それを確認して‘正行’とくっつく‘紗々’。

そして
「さっきのキスで感じちゃった。分かる? 濡れてるの」

蠱惑的な目で‘正行’を誘っていく‘紗々’。

「苦しそう……気持ちよくしてあげる」
と言われ‘紗々’に………

こうして‘正行’は‘まゆ花’への裏切りを感じながら‘紗々’
の魅力に逆らえずナイショの関係を始まるのだった。

『ねえ、お義兄さん……もう私の気持ちわかったでしょう? 単刀直入に言うけど私と付き合ってよ?』

近親相姦エロ漫画 ママの屋外羞恥レッスン 〜視線が快楽に変る時…〜

僕は、宮瀬 慎吾(みやせ しんご)
何処にでも居る、ごく普通の男子。

いや、普通じゃないかな?

『莉緒(りお)』と言う僕のママ。
自分の事を棚に上げて、自己理論の正論をズケズケ言い僕に押し付ける。
僕の事より自分の見栄を優先する、自己中心な‘自称’よく出来た母。

『誠(まこと)』と言う僕のパパ。
エリート街道まっしぐらのよく出来た父親の仮面を被った人物。
自分の薄っぺらい表面の‘自称’完璧な自分を押し付けてくる。

くだらない、偽善者二人が、家族にいる。
わかるだろ?
この苦痛な空間。

今日も、また、僕を怒って自分を慰めているママ。
でも、あまりにも、理不尽…所謂八つ当たりをされて…。

あまりにも‘イラっ’と来たので、壁を思わず殴ってしまった。
当然、ママは逆上。
面倒だなと思っていたら、落ちてくる一枚の紙。
タンスの上にでもあったのだろうか、僕は、それを手に取る。
目の前のママは、更にヒートアップ。

でも、そんな事は、どうでもいい。
その紙は、僕を助けてくれる、天からの授け物。
逆転のチャンス。

その紙は、1枚の写真。
そこに写っていたのは、若い頃のママ。
しかも、屋外で真っ裸…。

これで、全てを崩してやる。
僕をこう育てた事を公開させてやる。

そして、僕は、その写真をママに突きつけた…。

近親相姦エロ漫画 不可視な愛情〜透明なボクに感じるママ〜

ボク‘森崎 慎也(もりさき しんや)’は、ママの誕生日プレゼントを買いに行った帰りに横道から飛び出してきた怪しげな男とぶつかった。

飛び出してきた男は、謝りもしないでさっさと立ち上がり駆け出していく。
ボクがムカムカしていると、同じ横道から別の男たちが飛び出してきて、さっきの男を追っていく。

やがて激しく抵抗する男を、複数の男達が押さえつけようとする。

??と、押さえつけられている男がポケットからビンを取り出して、錠剤のようなものを飲むのが見えた。

「チッ、しまった。薬を飲みやがったぞ!」

次の瞬間、男の身体が見る見る透けていくような錯覚を覚えた。
いや、錯覚なんかじゃなくて、実際に透けてどんどん姿が見えなくなっていく。

「!?」

見えていることが信じられず、思わず唸り声を上げて凝視してしまう。
けれどいくら目を擦って見ても、何も変わらなかった。
男の姿がどんどん消えていく。
そして薬を飲んだ男も、それを追っている男達も、別の脇道に入っていってしまい、見えなくなってしまった。

「な……なんだったんだ、今の……」

あまりにも非現実的な出来事に、呆然としてしまう。
良く分からないけど……関わらないほうがいい……

そう思って早くここから立ち去ろうとしたとき、
ボクは、爪先に小さなビンがあるのに気付いた。

それは、さっき逃げていった男がポケットから取り出したビンと、そっくりに見えた。
拾い上げ、マジマジと見つめる。

あの男が飲んだのと同じ錠剤がいっぱい入っている。

これってまさか……。
さっきの光景を思い出し、ゴクリと唾を飲み込んだ。
キョロキョロと周囲を見ると、誰の姿もなかった。
誰も見ていない??そう思うと、ついついビンをポケットに入れてしまう。
早くここから離れよう。
緊張しながら歩き出す。
さっきとは違った理由で、早足になっていた。

「ママ……いいよね?」

近親相姦エロ漫画 兄妹秘哀 〜イヤなのに、カンじちゃう〜

ヘッドホンを付けてパソコンの画面を眺めている時だけが、俺にとって唯一の心安らぐ時間だ。
今もそうしている。

(もうこんな時間か……)

時計の針が指しているのは1時。

まだまだ目が冴えているので、高ぶっている神経を落ち着かせるために温めた牛乳でも飲もうかと考えた。
寝ているであろう家族に一応は気をつかって、そっと部屋を出る。
俺の部屋があるのは二階。
一階に下りて台所でホットミルクを作るつもりだったのだが……。

(ん? 珍しいな……)

弟の部屋から明かりがもれていた。
双子の弟である陸人(りくと)は、スポーツマンで優等生。
部活の朝練もあるから、こんな遅くにまで起きていることは珍しい。

(寝落ちか?)

俺じゃあるまいしと思いながら、足音を忍ばせて弟の部屋へと向かった。
部屋の前まで来ると、閉め忘れたのであろうごくかすかに開いた扉の向こうから、小さな声が聞こえてきた。

「や、やっぱり……こんなのまずいよ、有紗」

嫌な汗が滲んでくるのを感じながら、俺は扉の隙間へ顔を近づけた。

俺は自分の目を疑った。
目の前で繰り広げられている光景に唖然として、金縛り状態に陥ってしまう。

「ねえ、陸人……。気持ちいい? 私のおしゃぶり、気持ちいい?」

兄と妹とでこのような行為におよんでいるのを目の当たりにして、苛立ちや嫌悪感がこみ上げてくる。
しかし、本当は自分でも分かっているのだ。
俺が苛立っているのは、兄妹間での禁忌を見てしまったからではない。
双子の弟と、ひとつ下の妹とが、ここまで深い仲になっていたからだ。

「親に見つかったら……どうするんだよ……。それに、二階には兄さんの部屋だってあるんだから……」

自分の男性器を丸出しにしたまま優等生ぶろうとしているのだから、双子の弟とはいえ反吐が出る。

「海人? あんな奴、どうせヘッドホン付けてエロ画像ばっかり見ているから、絶対にばれっこないよ」

俺のことをしゃべっている間も、有紗は無我夢中といった感じで陸人の亀頭を吸いむしゃぶっていた。

「海人なんて関係ない。私は好きなのは陸人だけ……」

俺の中で何かが弾けた。
男性器をぎちぎちに勃起させている下腹部から、黒い情動が胸のあたりまで逆流してくる。

(そっちがその気なら、こっちにも考えがある)

俺は足音を忍ばせて部屋まで戻り、スマートフォンを手に取った。
誰かと話をするわけでもなく、携帯ゲーム機と化しているスマホだが、こういう場面で役に立ってくれるとは思ってもみなかった。
細く開いた扉の隙間から、二人の様子を隠し撮りしてやる。

さて……と。この画像、どう利用してやろう?

近親相姦エロ漫画 JK処女妹の淫欲調教〜妹の妄想は、現実へと喘ぎだす…

私には、人に言えない‘性癖’があります。

〜イジメられたい。 イジメられて、興奮したい〜

私は、家族や周囲からは性的なものは興味ありませんといったふうに見られている。
だけど、本当は、虐げられてみたいと考えている‘ドM気質’
誰にも言えない、私の秘密。

私は、夜な夜なパソコンを起動し、とあるサイトを見ながら、自分で自分を慰めています。
実際に虐げられてみたいと思っている私。
掲載された苦痛と快楽の狭間にいる写真を見ながらの自慰。
虐げられる自分を思い描きながら…

そして、とうとう私は、自分の抑え切れられなくなりました。

‘私を……調教してください〜’

私は、そうサイトにメッセージを残しました。

近親相姦エロ漫画 淫蕩情母〜湯けむりに浮かぶ美母の肢体

社会人1年目の『天海 弘輝(あまみ ひろき)』
今まで自分を育ててくれた『‘母’天海 汐里(あまみ しおり)』
に最初のお給料で温泉旅行をプレゼント。
二人きりの親子水入らずの旅行‘母・汐里’も承諾してくれます。

後日、山奥の温泉宿。夕食の時間。
旅行と言う事もあって久々にお酒も進む‘汐里’。
その頬もうっすらと染まっている。
‘弘輝’はその姿を色っぽく思いつつも心配して、
そろそろ寝ようと促していると、‘汐里’は、

「温泉行こっか。お・ん・せ・ん♪」

とそう言われ‘汐里’に強引に連れられていく‘弘輝’。

もう夜も遅く、誰も居ない露天風呂の中で、

「ふふっ、誰もいないなんて……私達だけの、貸し切りね♪」

‘母・汐里’と二人で湯につかる‘弘輝’。

目の前には、魅惑的な‘母’の裸体
酔いのせいかいつもより積極的な‘汐里’

‘母・汐里’を視界の端にすら入れないように、
目をそらす‘弘輝’だが…。
もし見たら、どうなるか分からない……、
今だって、必死で欲望を抑えつけている俺だ。
こんな状態で、母さんのおっぱいや、股間を
目にしたら、まず間違いなく、暴走する。

その欲求を示すかのように‘弘輝’の股間は自然と膨張を…
そして、その様子に気が付いた‘汐里’。

「いつの間に、こんなに大きくなって……
私の身体で、本当に興奮しちゃったのぉ?
ふふっ……いけないムスコね〜」

‘汐里’は、息子との母子の一線を越えることに…。

近親相姦エロ漫画 義妹のネトリクリニック〜妻の知らない入院性活

『運命の人 信じますか?』
『運命の人が、大切な人と同じ人だったらどうしますか?』

由梨は、看護師さんなの。
真希ちゃん……お姉ちゃんと、同じ職場で働いているんだよ。

由梨には、運命の人がいるんだ。
それが、お義兄……檜山雄太(ひやまゆうた)さん。
でもでも、真希ちゃんの旦那さんなの……。

真希ちゃんは、悲しませたくないけど、由梨は、もっと自分に素直になっても良いと思うの。

だ・か・ら……お義兄を……

と思っていたら、お義兄が、骨折して入院。
これってチャンスじゃない?

真希ちゃんにお願いして‘お義兄’の担当さんにしてもらうんだ。
そうしたら……もしかしたら、運命の人が振り向いてくれるかなぁ。

うん、由梨、がんばってみるの!

近親相姦エロ漫画 妻の母との背徳淫姦〜お義母さん、女房とするより興奮するよ〜

健二(けんじ) と その妻・優希(ゆき)。
二人は、合コンで出会い付き合い始め、
付き合ってるうちに‘優希’は、身篭り、
結婚する事になる。

今は、本庄家に婿として入り、義父・義母と
一緒に暮らしている。

そんなある日‘優希’と、義母・千弥子(ちやこ)は、
定期健診のため産婦人科へと出かけ、義父・忠志
(ただし)も不在。家には‘健二’1人。

‘鬼の居ぬ間に洗濯’と自慰をする‘健二’。
満足し後処理をしようとしている時、背後の扉が
開いたような音が……。

振り返ると、千弥子が驚いた表情をして部屋の
入り口に立っていた。

何で千弥子がいるのかと混乱する‘健二’。
いつもなら、まだ病院から帰ってくるような
時間じゃないのに……。

「ご、ごめんなさい。邪魔しちゃって……」

とんでもないところを見られてしまったと‘健二’。
嫁になら笑い話で済むけど、お義母さんは……。
これからのことを思うと………。

その夜、尿意に目を覚ました‘健二’が部屋を出ると、
千弥子が寝ている寝室から妙な声が漏れ聞こえてきます。
苦しそうにも聞こえるその声に心配になり、部屋のドア
を開け中の様子を覗くと、そこには、自慰をしている
千弥子が……

呆然としてしまって、ついついそのまま見続けてしまう‘健二’。
千弥子がもうすぐイキそうというところで、思わず身を乗り出して
しまい、足元のフローリングが『ミシッ』と鳴ってしまった。

千弥子に気付かれてしまうが、観念して部屋の中に入る‘健二’。
動揺している千弥子に謝り、そのままいそいそと部屋を出て行こう
とする‘健二’に対し、

すると
「その……口止めってわけじゃないんだけどね……
健二くんのそこ……鎮めてあげようかなって……」

そして表情を隠すように俯きながら股間に視線を送ってくる千弥子は………

近親相姦エロ漫画 姪奴喫茶〜こんなに嫌いな叔父に奉仕させられるなんて〜

主人公『菅波 富士雄(すがなみ ふじお)』は、企画系AV監督。
それなりにヒット作もあり、人並みの生活は送っていた。
しかし、昨今の不況とマンネリ化で、そのヒットにも陰りが見えてきます。
これはいけないと新たに企画して取り組む潜入近親シリーズ。
‘富士雄’は真意を隠しながらも、様々な場所に潜り込んでいくことにします。

ある時‘富士雄’の親戚である『塩尻 芹菜(しおじり せりな)』がメイド喫茶でバイトをしているとの事を知る。
しかもそこは‘富士雄’が懇意にしている友人の経営している系列店でした。
友人に事の真相を話して、且つ見返りもあると含ませて‘芹菜’のいる店に新任副店長として赴任。

目の前には、いつもとは全く違う姿の‘芹菜’。
‘富士雄’がなぜここにいるのかと訝しんでいる‘芹菜’。

そんな‘芹菜’仕事の実態の調査と報告のためだとカメラを使うことを告げて真実を偽り撮影を開始する‘富士雄’だった…