CATEGORY シリーズもの

近親相姦エロ漫画 元風俗嬢の「母」と近親相姦【シリーズ第3弾】

シリーズ待望の第3弾

ハイエンドPCで生成した10000枚の画像の中かoo枚を厳選しました。
今回も「ストーリー形式で進むAI画像集」となっています。
どうぞお楽しみください。

「おとなくらぶ」では写真の様なリアルなAI生成を心掛けています。
よろしければ「ファン登録」お願いします。

第1弾
【姉と弟近親相姦SEX】

第2弾
【妹近親相姦SEX】

■プレイ内容

◯私服姿
◯近親相姦がバレて怒った姿
◯セクシーランジェリー姿
◯全裸姿
◯全裸フェラ
◯アナル舐め
◯全裸クパァ開脚で誘惑
◯いちゃらぶ手繋ぎ正常位
◯騎乗位
◯バック
◯中出し見せつけクパァ開脚

■作品概要

シリーズ第3弾。

姉で童貞を卒業し、オナニー中毒の妹とまで肉体関係を持ってしまった僕。

ついに母にバレてしまい呼び出された。

説教覚悟で母の前に立つが、
思いも寄らぬ展開になる…

昔から過保護な母は、姉達にヤキモチをやき、なんと誘惑してきたのだ。

20歳で僕を産んだ母の体はとても若く興奮してしまった僕はその誘惑に負けてしまった。

母は、姉と妹とは比べ物にならないテクニックで僕のチ◯コを貪る。

アナルに舌を入れて僕の前立腺を刺激し、僕は初めてメスイキしてしまった。

うますぎる…おかしい…

聞くと、なんと母は元風俗嬢だった。どうりでうまい訳だ…

我慢も限界を迎え、僕の生まれてきた道(母の膣)にチ◯コを入れる…

風俗店でNo1だった母のマ◯コは【ミミズ千匹】と言う名前の名器だった。

母「閉経してるから中にたっぷり出しなさい」

続く…

【シリーズ第4弾作成中】

「おとなくらぶ」で検索
「ファン登録」お願いします。

※本作には複数の人物が登場します。同一人物のみの作品ではございません。
※本作で描かれるシチュエーションは全てフィクションであり、登場する人物や設定等はすべて架空のものです。
※犯罪、その他違法行為を美化または助長する意図はございません。
※本作はStable Diffusion、独自モデルを使用したAI生成画像を加筆、修正した作品となります。
※画角や照明具合により幼く見える場合がございますが、登場人物は全員18歳以上になるよう生成しております。
※顔や胸の見栄えを優先している為、指などの細かい部分や男性の体などに、生成AI特有の乱れがみられる場合がございますが、ご容赦ください。

近頃、当サークルの作品へ販売妨害目的とみられる虚偽のレビューや未購入者からの低評価コメントが確認されています。
これらの悪質な行為に対しては、発信者情報開示請求、損害賠償請求等の法的措置を検討させて頂く場合がございます。

上記について、ご理解の上ご購入をお願い申し上げます。

近親相姦エロ漫画 息子と二人きりで暮らすことになりました3 ―愛はスローに―

近親相姦3日目。

息子が用意したセックス専用の和室で
二人はスローセックスで愛し合う。

行為はやがて激しさを増し
母親はおっぱいまでイかされて
乳を噴きながら失神。

意識のない母親に最後まで射精しきったはずの息子は
再び母親に挿入し腰を振り始める…。

本編モノクロ 58ページ(表紙・奥付など一部カラー)
おまけマンガ 2ページ

内容: イラマチオ・喉奥射精
連続絶頂・大量射精・失神
おっぱいイキ・噴乳・失禁
無射精絶頂など…

近親相姦エロ漫画 両腕が使えなくなったら弟が調子に乗りだした! 総集編

全8話構成となっております。

1話目:右腕骨折、左手首捻挫した姉を介護するついでに半ば無理矢理○す弟。
2話目:姉の体を洗うついでに再び無理矢理○す弟。
3話目:夏休み中、両親が仕事に出てる間、日課のように○される姉。そんな姉も弟のセックスを内心望むようになっていった。
4話目:弟が数日家を空けただけで我慢できなくなるくらい発情してしまう姉。今度は自分から弟にセックスをお願いするようになる。

5話目:弟は姉とのセックスを撮影して動画投稿サイトに投稿するようになる。身バレを防ぐならと、姉はそれを止めることができなかった。
6話目:ローターセックスをしてみたかった弟が姉をめちゃくちゃイかせる。
7話目:アナルセックスをしてみたかった弟が数日かけて姉のアナルをほぐし、アナルセックスを実行する。
8話目:夏休み最終日、姉と弟はめちゃくちゃセックスする。その後も二人はお互いを求めて中出ししつづける日々が続いた。避妊もせずにセックスする毎日を送りつづけた結果・・・・

※姉がどんどんデブになります。作者のミスです。(詳しくはあとがきにて)
ぽっちゃり女子もなかなか良いものなので、そっちの性癖に興味ない人も是非お試しあれ!

※この総集編は過去に販売した単品作品と内容は変わらないですが、PDFの画質が少し良くなっているので総集編の方がちょっとお得かもです。

全426ページ
JPEGとPDFの同封です

近親相姦エロ漫画 おねえちゃんとあそぼう!(ポケットの中身当てゲーム/ジュースぶっかけゲーム編)

抜ける人は抜けるをコンセプトに手作り満載の紙芝居型(一瞬動く)ミニゲーム!

前回の発表から求められていもいないのに早速「おねえちゃんとあそぼう!」の第二弾!

〜舞台〜
きれいで優しく、そしてスタイルも良い姉が大好きな弟が
いかにその歪んだ愛情をぶつけようか、考えた末、行きついた作戦。
それは’ポケットの中身を当てましょうゲーム!’
いかにも低能な輩が考えそうなこのよく分からないゲームを使って弟はその歪んだ愛、かつ性欲をどのようにしてぶつけるのか!?

クリア後に’ジュースをかけようゲーム’もお遊びいただけます。

*本番はありません、基本ソフトです。

近親相姦エロ漫画 おかえりせっくす

「お兄ちゃん…今日はいっぱい泣いていいよ」

オリジナル兄妹漫画おやすみせっくすシリーズ続編。
※続きものです。これまでのお話を読んでからをオススメします。

堅物で真面目な兄・章(あきら)とおおらかで明るい妹・唯(ゆい)
両親の離婚後、父親代わりに唯を大切にしてきた章。
2人は一線を越えた関係に…。

ある夜、酔いつぶれて帰った章。
介抱してくれる唯とキスしている最中に章は泣き出してしまい…

いつも一人で抱え込む兄を優しく慰めるように抱きしめる唯。
献身的な愛撫と激しいフェラ。

酔っているせいでイキにくくなった章を唯は長時間受け入れて――

――何度も、このぬくもりに救われてきた…
僕にとってかけがえのないもの…

シリーズ完結に向けたストーリー。少し切ない兄妹純愛です。

56ページ(漫画46+表紙・イラスト・解説など)

※「おやすみせっくす総集編」→「おでかけせっくす総集編」→「おとまりせっくす総集編」→「おもいでせっくす総集編」→「三日三晩、兄妹ふたりぐらし」の次にあたる話です。

※シリーズの中でもかなりストーリー寄りになっています。
できれば前作まで(総集編4冊+「三日三晩、兄妹ふたりぐらし」)お読みいただくことを推奨します。

※更にストーリーは続行中。順次配信予定
(次回:おやすみせっくすam10:00(10周年記念番外編)

作/三上ミカ
アクアドロップ
2023年夏発行作品

近親相姦エロ漫画 弄花総集編

街の小さなお花屋さん。
幼馴染みのお姉さんが働くそのお店に
纏わるおかしなウワサが──

親族に誑かされた3母娘の退廃と淫欲の日々を
総集編としてまとめました。
新規書き下ろしパートや様々なシチュエーションの
短編も含めての191p

サークル:行脚堂
著者:しけー

近親相姦エロ漫画 洗脳家族〜妹に任せて外出したら、帰った時には母親がド変態の便器女に洗脳されてました〜

母親と娘を洗脳玩具にした主人公が、二人にお互いを洗脳し合って遊んでいろと指示してしばらく外出したら、戻った時には母親がすごいことになってた話。
文字数は約11,000文字。

「ね、寧夏。お願い、早く私を洗脳してちょうだい?」
「はいはい。わかってるよ」
寧夏はくすりと笑うと、あさましくねだる母親の顔の前に洗脳装置の画面を突きつけてやった。
「……ああっ……」
とろんと蕩けた顔をして、季恵はその画面を食い入るように見つめる。
たちまちその瞳が意思の光を失い、催●状態に堕ちていった。
「うふふ」
寧夏はそんな母親の姿をじっくりと視姦しながら、舌なめずりをする。
「……お母さんは、今から私のこの指の、操り人形になるよ」
寧夏は母親の目の前に右手の人差し指を一本ぴっと立てて見せながら、そう宣言した。
「この指が叩いたものは、それが何であってもこの世で一番魅力的に感じて、すごく奉仕したくなるの。いい?」



「あは! すごい、お母さん。そんなに椅子が好きになっちゃったんだ」
「好きっ……! 大好きぃ……!」
娘の嘲笑混じりの言葉も耳に入らない様子で、季恵はひたすら椅子を舐め続ける。
その姿はまるで犬のようだ。
「あぁっ。なんて魅力的なのかしら……」
うっとりとそう言いながら、自分の乳房で椅子の脚を挟み込み、両手で扱きながら舌を這わせていく。
「こんな素敵なものに奉仕できるだなんて、私はなんて幸せな女なの」

紹介メイン画像およびサムネイル画像に、AI生成画像の加工品を使用しています。
作品ファイルには、AI画像は含まれていません。

近親相姦エロ漫画 洗脳家族 〜ありがちな洗脳装置を手に入れたその日から、我が家は俺のためだけの城になりました〜

話の都合によりよくある洗脳装置を手に入れた主人公が、手始めに母親と妹(あとついでに父親)を洗脳玩具にし、我が家の主になる話。
文字数は約11,000文字。

「よう、寧夏」
「なによ。ノックもしないで入ってきて」
妹の寧夏はいきなり部屋に入ってきた俺を見て顔をしかめると、弄っていたスマホを机にしまった。
「いいじゃないか。お前の部屋はつまり、俺の部屋みたいなもんだろ」
「まあ、そうだけどさ」
寧夏は肩を竦めてそう言うと、俺の方に向き直る。
俺はにやっと笑って、ポケットからスマホによく似た装置を取り出した。
画面には既に、極彩色の渦巻き模様が表示されている。
「なに? 今日も私を洗脳するの?」
「そうだよ。嫌か?」
「嫌なわけないじゃない」
寧夏はそう言って、無邪気に笑った。
俺も、そんな妹に朗らかに笑い返す。
「便利だよな、この装置。使ってて楽しいよ」
「私みたいな美少女を好きなようにできるんだから、そりゃ楽しいでしょ」
「ああ」
俺は心から同意して頷いた。
「使われてるほうも、すごく気持ちイイんだよ、それ」



「お前は今から、寧夏の言葉に従う。寧夏の指示したとおりの人間になるんだ。いいな?」
「……はい……」
虚ろな表情のまま、機械のように無機質な声で返事をする母さん。
俺はそれを確認すると、寧夏に命じた。
「ほら。お前がさっき自分自身を洗脳したみたいに、今度は母さんを洗脳するんだ」
くすくすと笑いながら、寧夏の乳房を掌で捏ね回す。
「言ってやれよ。お前は母さんに、どんな女になってもらいたい?」

紹介メイン画像およびサムネイル画像に、AI生成画像の加工品を使用しています。
作品ファイルには、AI画像は含まれていません。