CATEGORY 主従

近親相姦エロ漫画 思春期僕と姉との関係

■作品概要
内緒なやつです。
特に僕の親にはこの事言わないでください。

サンプル画像は上半身モザイクありですが、
本編では上半身モザイクなしです。

■仕様
画像サイズ 600×960px(すべて縦長)
ファイル形式 PNG

※本作で描かれるシチュエーションは全てフィクションであり、登場する人物や設定等はすべて架空のものです。
※犯罪、その他違法行為を美化または助長する意図はございません。
※本作はStable Diffusion、独自モデルを使用したAI生成画像を加筆、修正した作品となります。
※画角や照明具合により幼く見える場合がございますが、登場人物は全員18歳以上になるよう生成しております。
※顔や胸の見栄えを優先している為、指などの細かい部分や男性の体などに、生成AI特有の乱れがみられる場合がございますが、ご容赦ください。
*この写真集はAI生成された架空の人物がモデルとなっています。
*本作品における人物・キャラクターは成人をモデルとしており
未成年は収録していません。
*また、本作品はAIにより生成された架空の人物で実在しません。
*本作品はAI技術を活用して製作されております。
Stable Diffusionという手法により生成されていることをご了承ください。
AIにより生成された画像は、既存の人物やキャラクターに似ている場合がありますが、これは純粋に偶然の一致であり、何の関連性もありません。
*AI生成による作品のため細かな描写に不自然な違和感が表出することがございます。
作品に関し精査精読をしておりますが、ご理解のうえで購入の検討をよろしくお願いします。
*本作品の商業的利用、第三者への譲渡、転載などが発見された場合は法的な手段をとり損害賠償請求を求めます。
*購入後の取り扱い不備があった場合、こちらは一切責任を負いません。
*購入後の管理についても一切の責任を負いかねます。
*商品販売は予告なく停止することがあります。

近親相姦エロ漫画 女性のセクサロイド化や苗床化がごく一般的になった世界の話 〜妹セクサロイド編〜

女性のセクサロイド化や苗床化、およびそうなった女性の所有物化が一般的に認知され合法化された世界で、ある日突然実の妹が自分専用のセクサロイドになった話。
文字数は約20,000文字。

「隆一、隷花。今日はお前たちにひとつ、大事な話がある」
ある日、父さんが突然そう切り出した。
いきなり呼びつけられた俺と隷花は、顔を見合わせた。
「なんだよ、父さん」
「知ってのとおり、お前たちはれっきとした兄妹として生まれたわけだが」
父さんはそこでもったいぶって咳払いをすると、俺の方を見た。
「いろいろと考えた結果、隷花の方はお前のセクサロイドにすることにしたんだ。既に改造も済んでいる」
「……は?」
一瞬、何を言われたのか分からなかった。
「隆一。お前は今日から、隷花の兄から所有者に。隷花、お前は隆一の妹から所有物になるんだ」



「本項への同意をもって隷花さんの人権は失効し、代わりにセクサロイドとして正式登録され、以降は隆一さんの所有物となります。よろしければ、こちらに同意のチェックをして完了してください」
画面に表示された『同意する』というボタンをタップすると、俺の名前の横に隷花の名前が表示される。
さらに隷花が続けて同じように操作すると、それまで俺と同じ一覧にあった隷花の名前が消えて、俺の横に表示された隷花の名前の下には×印がついた。
「手続きは以上です」
職員がそう言うと、隷花はすぐに席を立ってぺこりと頭を下げ、俺の横まで来て腕に抱きついた。
セクサロイドは物扱いなので、公共の場所では立たせておくか、主人の膝の上に座らせるかするのがマナーに則った行為である。

「今からここに、お前が俺のものだという印を入れる。二度と消えないやつだけど、いいか?」
俺が隷花の下腹を指でなぞりながらそう確認すると、隷花はくすっと笑った。
「私はもうお兄ちゃんのモノなんだから、そんなこといちいち確認しなくてもいいのに」
「お前はセクサロイドだけど、俺の妹なわけだし。嫌がることまで好き勝手にしようとは思わないよ」
「私がそんなこと、望んでると思うの?」
隷花はそう言って微笑むと、まくりあげた服の裾を口で咥えた。
そのまま両手を頭の後ろで組んで、剥き出しの腹を差し出すように、俺の方に向けて突き出してくる。
「好きなようにして。それが、私の望みだよ」
隷花の体はもちろん、そのポーズや視線や声、何気ない仕草の一つ一つが、ひどく艶めかしく男を誘うものであるように感じられる。
前は健康的でかわいらしく感じられるだけだったのに、これがセクサロイドになるということか。

紹介メイン画像およびサムネイル画像に、AI生成画像の加工品を使用しています。
作品ファイルには、AI画像は含まれていません。

近親相姦エロ漫画 義理の娘が俺の浮気相手になった件

───────────────────
義理の娘が俺の浮気相手になった件
───────────────────

■概要
・フルカラー漫画 31P
・オマケCG集 14P+セリフなし差分14P
・その他(設定、表紙等)3P
合計62p
・Jpgファイル

■あらすじ

ある一人の中年のおっさんが再婚し、連れ子だった娘が義娘になります。
しかし血の繋がらない年頃の娘と一緒に暮らして行くうちに、徐々に彼女に惹かれていきやがて義父は娘と関係をもってしまいます。

過ちは一夜に留まらずその日を境に義父と義娘は浮気関係をずぶずぶ続けていきます。

そして二人がいつものように行為を行っているとなんと妻が帰宅してきます。急いで二人はクローゼットに隠れますが、なんと娘の提案でそのまま性行為を続けることに・・・果たして二人の浮気関係の結末は!?

───────────────────
【登場人物】
■桑原 ヒナ(義娘)
シングルマザーの母親の元で育てられたが、母親の再婚を期に義理の父親と一緒に住むことに。長い間父親不在で暮らしてきた影響か父性に憧れがあり、おっさんが好きという珍しい性癖を持つ。姫様気質で義父をこき使いつつ、ご褒美で性行為を行ってあげている。

■桑原 男治三(義父)
中年で太ったおっさん。ITエンジニアをしており在宅勤務。そのためキャリアウーマンの妻より義娘のヒナと一緒の時間が長い。ある日一夜の過ちでヒナと肉体関係を持つ。それ以降ヒナにこき使われながらも、ご褒美で性行為をしてもらっている。

───────────────────
■CG集のシチュエーション

・制服を着て妻のいる寝室の横で義娘と種付けHを行います。

バックによる性行為が1シーンと騎乗位による受精までの種付けのシーンが収録されています。

近親相姦エロ漫画 双子鏡音と魔法:主従の誓約

鏡●●ン&レンをモチーフにしたキャラクターが主人公の小説。
双子の冒険者姉弟は、ある依頼で討伐したドラゴンから死に際にかけられた呪いによって、やむなく主従の関係となる。
最初こそ望まぬ関係であったが、二人はじきに、それに溺れていく。

・この作品の主人公らは鏡●●ン&レンをモデルにしていますが、ボーカ○イドではありません。
・この作品のリン&レンは双子の姉弟です。
・舞台は魔法の存在するファンタジーやメルヘンなどこかの世界ですが、あまり詳しい設定は登場しません。
・本作は「双子鏡〇と魔法:支配の声」と同シリーズですが、前作と直接のつながりはなく、一話完結の短編です。
・紹介メイン画像およびサムネイル画像に、AI生成画像の加工品を使用しています。作品ファイルには、AI画像は含まれていません。
・文字数は約18,000文字です。

孤高なドラゴンは、誰かのしもべになることは不幸だと思う。
でも、不幸な王もいれば、幸福な従者もいる。
幸せかどうかは、自分で決めること。

近親相姦エロ漫画 乳首であそぼ♪〜エッチなお姉ちゃんの言うとおり〜

===【チクビ…いじったことある?】===

オナニーを覚えたての頃、思い出してください

快楽に貪欲だったあの頃

ペニスだけを刺激しまくっていたあの頃

お姉ちゃんが、もっとキモチイイことを教えてくれたとしたら…?

===【プロローグ】===

小さい頃から僕のことを可愛がってくれていた
イトコのお姉ちゃん

無邪気に甘えられた昔の自分が信じられない
今はもう、露出された肌が眩しくて
まともに目を合わせられない

そんな僕の思春期な気持ちをからかうように
スキンシップ多めに、僕に絡んでくるお姉ちゃん

家族がみんな出かけてしまい、ふたりきりで部屋に残されたとき
お姉ちゃんの秘密のレッスンが始まる…

===【キャラクター】===

【東谷藍子(とうや あいこ)】(CV:陽向葵ゅか)

母親の姉の娘さんで、僕のイトコにあたる
僕より7つ歳上で、責任感が強く
小さい頃はよく面倒を見てもらっていた

一緒に遊ぶというよりは、先生のように
いつも僕の知らないことを教えてくれたり
時には叱ってくれたり、慰めてくれた

僕のアソコを触ってくれたこともあって
今でもそれを思い出してオナニーする

久しぶりに会えてドキドキするが
どう接していいのか分からない…

===【ストーリー】===

<からかい>
「もうオトナだし…オナニーはしてるの?」

お姉ちゃんに密着されながら、耳元で囁かれる
僕の激しい心臓の音は、バレバレのはずだ

「もっと気持ちいいオナニー…知りたい?」

頭が沸騰する
首を縦に振ることしかできない

<かいらく>
「お姉ちゃんの言葉に合わせて、引っかいて…」
「焦らして敏感になった乳首を…カリ…カリ。」

お姉ちゃんの言葉に従うのが、気持ちいい

「お姉ちゃんも、一緒に乳首いじっちゃお?」

お姉ちゃんの喘ぎ声と、乳首で感じるメス快楽で
これまでのオナニーとは異次元の快楽に
頭の中がグチャグチャにとろけていく…

===【仕様・クレジット】===

■ 声優
陽向葵ゅか 様
■ イラスト
篠岡ほまれ 様
■ シナリオ
小夜夏ロニ子 様
■ 製作
サークル被支配中毒 チョーカー
■ 仕様
・収録時間 : 約41分
・録音環境 : KU100 ダミーヘッドバイノーラルステレオマイク
・ファイル形式 : wav

===【タグ】===
#射精管理 #筆おろし #乳首 #乳首オナニー #チクニー #言葉責め #オナ指示 #オナサポ #主従 #焦らし #SM #CFNM #耳舐め #ASMR #イトコ #お姉ちゃん

近親相姦エロ漫画 義姉の誘惑…妻とはできない恥辱のマゾプレイ

===【コンセプト】===

「マゾ堕ち」×「(イケナイことする)背徳感」×「乳首責め」

普段は女性をスマートにエスコートする僕
だけど本当は無理をしている…
本当は、女性に生殺与奪権を握られたい
そんな僕のエゴを見抜かれたい
マゾに堕ちていいと言われたいっ

最も手を出してはならない相手 ’義理の姉’
イケナイことであればあるほど
背徳感は蜜の味がする だからこそ
義姉のおっぱいに顔を埋めたいっ

もしくは義姉に、自分の最も情けない姿
‘自分で乳首をいじる姿’ を視られて
圧倒的に見下されたい

人の道を、外れたい。

===【ストーリー】===

妻の姉と旦那さんが、家に遊びに来た。
珍しく今日は泊まっていくとのことで、
寝室に布団を多めに敷いて雑魚寝だ。

妻はとても楽しみにしていたようで、
朝早くから掃除や料理を頑張ってくれて
疲れていたのか、もう爆睡している。

僕は妙に興奮してしまって眠れず、
ひとり起き上がりリビングルームの
ソファに座ってたそがれていた

何でこんなに興奮しているのか…
妻の姉…義理の姉…
世界で最も
手を出してはいけない女性…
緩いパジャマから除く胸の谷間には
決して視線をやってはいけない…
イケナイと思うほど意識してしまう

妄想していた本人が、ニヤニヤしながら
リビングルームにやってきた…

===【キャラクター】===

【恵比奈ちあき】(CV:陽向葵ゅか)

妻の4歳年上の姉(義姉)
可愛らしくて甘えん坊な妻と違って
キリっとしたしっかり者

夫を完全に尻に敷いている
旦那を顎で使うような振る舞いを見ていると
どうしてか僕は旦那さんを羨ましく思ってしまう…

僕も義姉の冷たい眼で見下され、命令され、
恥ずかしいことをさせられたい
そんな妄想をしてしまうのだ…

===【プレイ内容】===

1,真夜中の逢瀬(04:06)
眠れずに起きていると、義姉がやってくる。年上に甘えるのが大好きだと、バレてしまう…

「ふふ…おねえちゃん、酔っちゃった♪旦那も妹も寝ちゃったよ…」
「ふふ…恥ずかしがることないのよ。おねえちゃんに甘えるの…好きでしょ?ほら…私の義弟(おとうと)なんだから…意地張らないで楽になりなさい。」
「本当はこうやってぇ…自分を甘やかしてくれる誰かに、ぎゅーって、されたいんでしょ?♪」
「あんたは、すっごい無理をして、王子様を演じてる。そんな無理を続けてたら…きっとどっかで壊れちゃうよ?」
「おねえちゃんに、我慢してること全部吐き出して…一度楽になっちゃえば?♪」

#あまあま #全肯定 #マゾバレ

2,身体は正直に反応してしまう(04:24)
発情してはならない相手を前に、欲望を隠そうとするも勃起してしまう…

「私に抱きしめられて、甘やかされて、そんな風に発情しちゃうなんて、わんちゃんみたい…♪」
「相手じゃ一生できない変態プレイ…おねえちゃんなら、してあげられるよ?」
「我慢できないなら…ズボン脱いで、そこでシコりなさい。私は見てるだけで、自分でシゴいてる分には…浮気にならないでしょ?♪」
「妹もね、私に強く出られると、上下関係を理解してすぐにペットみたいに甘えるの。今のあんたとまったく一緒…だから安心して?幸せになっていいのよ。かっこいい王子様でいるためには…かっこ悪い欲望は全部、吐き出しちゃわない♪」

#主従 #服従

3,ソファーで対面座位(04:29)
僕の上に乗っかる義姉が至近距離で見ている前で、自分で乳首をいじらされる

「こうやって女の子に支配されるの、好きでしょ…♪ほら、ホントのこと言われるだけで、またチンポ、ぴくって動いた…♪可哀想に…あんたのマゾチンポ、甘やかしてもらえてないんだね…」
「だったらほら…自分がマゾだってところ、おねえちゃんに見せて?♪自分で自分の乳首をカリカリしてるところ…おねえちゃんに見せて?」
「あんたのどろどろの性欲は、おねえちゃんとの浮気プレイで…解消、してあげないとね♪」

#対面座位 #着衣素股 #乳首責め

4,もう引き返せない(05:49)
念願の生すまたの感触と、浮気一歩手前の背徳感で、頭が沸騰する…

「おねえちゃんが今日一日履いていたこのショーツ…あんたの口の中に、入れてあげる…♪」
「ほら、こうやって…私が腰を振ってたらぁ♪あんたのチンポ、間違えて人妻マンコに入っちゃうかも♪」
「ふふ、ゾクゾクしてきた…あんたも、いけないことしてるって実感、湧いてきた…?気持ちいいね…気持ちいいことには、逆らえないね…?♪」

#生素股 #口枷 #乳首責め

5,物音…バレる恐怖(02:13)
妻が起きたかもしれない。そのドキドキで、ペニスがさらに硬くなる…

「あ、ちょっと待って。奥の部屋ごそごそした…誰か起きたかも…静かにして。」
「もしかしたら、バレたかも…ね♪あんた涙目で…ゾックゾクしてる♪危ない状況なのに…チンポは勃起しっぱなしだね♪浮気の気持ちよさ…もう体が覚えちゃったね…♪」

#浮気 #背徳感 #手コキ

6,本物の変態プレイ(07:20)
恥ずかしい姿をさらけ出して、義姉に視てもらうのがたまらなく気持ちいい…

「ゾクゾクした…?♪大丈夫――耳だから、浮気じゃないよ…」
「上の服も全部脱いで、そこに四つん這いになりなさい。ペットらしく、恥ずかしい犬のポーズになりなさい。出来るだけ恥ずかしい恰好をして…自分が’マゾ犬’なんだって、おねえちゃんにアピールしなさい♪」
「おねえちゃんの言うこと聞くと幸せになれるって、心も体も理解しちゃった ね…マゾペットになれて幸せだね…♪」

#耳舐め #四つん這い #手コキ

7,マゾペットへのご褒美(04:31)
義姉の言うことをちゃんと聞けたご褒美に、ザーメンこき出すお許しが出る♪

「おねえちゃんの裸、よく見て…妹より、胸おっきいでしょ…ほら、私とセックスしてるところ想像しながら、シコりなさい♪」
「おねえちゃんに見せつけて幸せ感じながら…もっと本気で、全力でマゾになりきりなさい♪」
「ほら、乳首が喜んでる。癖になっちゃうね♪ペットとして、これから沢山遊んであげるからね。色んなプレイで、あんたを虐めて愛してあげる♪」

#乳首責め #カウント #射精

===【こだわりポイント】===

1,服従感
理性を捨てて人の道に外れたことをする背徳感、
恥ずかしい命令に従いマゾの深みに堕ちていく浮遊感が味わえます

2,格差感
義姉に馬乗りされながら自分で乳首をいじり感じる様を
目の前で見下されます

3,包容感
陽向葵ゅかさんの優しいボイスで、
変態性癖を全肯定してもらえて幸せな気持ちになれます

===【仕様・クレジット】===
■ 声優
陽向葵ゅか 様
■ イラスト
篠岡ほまれ 様
■ シナリオ
ハシダシュンスケ 様
■ 編集
チョーカー
■ 製作
サークル被支配中毒 チョーカー
■ 仕様
・収録時間 : 約33分
・録音環境 : KU100 ダミーヘッドバイノーラルステレオマイク
・ファイル形式 : wav

近親相姦エロ漫画 うちのアホ姉が通販で買った主従の指輪とか言うのをミスって自分がはめて俺の奴●に(略

タイトル通りの作品です。
文字数は12,000〜13,000文字。

「じゃーん! 通信販売で買った、『絶対支配の指輪』ー!」
「またそんな怪しげなモンを……」
見た目だけは知的で可愛く見えるアホ姉が、毎度毎度怪しげなブツを得意げに掲げて俺に見せびらかした。
「なんと、お互いが合意の上でこれを身につけるだけで、従の指輪をつけた人は永遠に主の指輪をつけた人の幸せな奴●に!」
「ああ、はいはい」
「むー! 弟くんは、信じてないな?」
「そんなの、インチキに決まってんだろーが」
「たわけ! これはな、税込みで 28900 円もしたんだぞ?」
「だからなんだよ……」
俺はうんざりして、首を横に振った。
そんな金をドブに捨てたのか、このアホ女は。
「よーし、信じないのならつけてみたまえ!」
「……はあ」
俺はうんざりして、姉が差し出した指輪を手に取る。
よく見ると、主の指輪とやらの方らしい。
まあ、このアホのことだから、単に間違えたんだろうな。
どうせインチキだし訂正するのもめんどくさい……。
「ほれ、はめたぞ」



「……姉貴」
「はい?」
「なんでメイド服なんだよ」
「だって、私はご主人さまにお仕えする身ですから」
「ていうか、そんなのどうして持ってるんだ」
「これも、以前にネット通販で見かけて買ったんですよ」
「どういう趣味だよ……」

紹介メイン画像およびサムネイル画像に、AI生成画像の加工品を使用しています。
作品ファイルには、AI画像は含まれていません。

近親相姦エロ漫画 淫魔の血を引く僕を興味本位で誘惑してきた妹にキスしたら眷属になった話

自分の血統について知ってはいたもののそれまでまったく無自覚だった主人公は、ある時ふとしたきっかけで、父親から受け継いだ淫魔の血に目覚める。
文字数は約16,000文字。

「お前は淫魔の血を引いている」
「知ってるよ」
長期休暇で久しぶりに帰ってきた父の言葉に、僕は何を今さらというように肩をすくめた。
そんなことは、目の前の父親の姿を見てれば嫌でもわかる。
「お前も大きくなった。もう間もなく、否応なしに知ることになるだろう。自分が何者かをな」
「何だよ。僕が淫魔の性に目覚めて、父さんみたいに女を虜にして侍らせるようになるとでも言うのかい?」
僕の母親も、そんな女の一人なのだ。
普段は僕や妹の面倒をよく見てくれる優しい母だが、父が目の前にいるときは別だ。
完全に父のことしか目に入らない様子で、べったりとくっついていて、父からそうするように言われない限りは僕らの方には見向きもしない。
父と同じで異様に若いのは、淫魔の精をその胎に受けて、魔の眷属になったからだと聞いている。
「どう生きるかは、お前次第だ。ただ、己の血からは逃れられんよ」
父はそれだけを言うと、踵を返して部屋を出て行った。



「ねえ、兄貴」
妹が後ろ手に扉を閉めて、近づいてくる。
「ん?」
「えへへ、あのさあ……」
彼女は少し恥ずかしそうな顔をしながら、僕の隣まで来ると腰かけた。
「キス、したいんだけど」
「……へっ?」
唐突なお願いに、僕は目を瞬かせた。
「い、いや。急に何言ってんだ」
「だってさ。あたしたちって、兄妹じゃない?」
「……わけがわからん。兄妹は、普通はキスしないだろ」
「でも、お父さんたちはよくやってるよ?」
「何言ってるんだ。父さんと母さんとは夫婦じゃないか」
僕は困惑しながらそう言ったが、愛彩は小さく首を傾げると、くすりと笑った。
「兄貴は知らないの? お母さんが、元々はお父さんの、双子のお姉さんだったんだってこと」

紹介メイン画像およびサムネイル画像に、AI生成画像の加工品を使用しています。
作品ファイルには、AI画像は含まれていません。

近親相姦エロ漫画 ガイジの子

※この物語はフィクションです。実在の人物や団体とは一切関係ありません。また、犯罪を助長する意図はありません。

安西安子は目が見えない
そのことで両親から受けた虐●を受け、人間関係を拒むようになった
そんなある日、自分をいじめてたクラスメイト西村彼方の性癖を知る
彼方のグループの横田リホにも付きまとわれ、安子の心は揺さぶられていく━…

近親相姦エロ漫画 勃起我慢ゲーム〜お兄ちゃんの乳首は妹のオモチャ〜

=====【コンセプト】=====

妹にイジメられたい、
すべてのマゾ同志諸君に贈る

=====【プロローグ】=====

お気に入りの同人音声作品は
いつでもどこでも楽しみたいから

携帯音楽プレイヤーに
厳選してインストールしてある

日々のオナニーに欠かせない
僕の宝物だ

性癖が凝縮された音声作品の購入履歴。
決して他人に見られてはいけないはずのもの…

その宝物が、さっきから見つからない

家の中にあるのは間違いないのだが…

聞こえてきたのは妹の足音
嫌な予感がする…

経験豊富な妹に逆らえない、童貞の兄の物語。

=====【仕様・クレジット】=====
■ 声優
湯木ちゆり 様

■ イラスト
亀吉いちこ 様

■ シナリオ
Sour (amoroso) 様

■ 製作
サークル被支配中毒 チョーカー

■ 仕様
・収録時間 : 約43分
・録音環境 : KU100 ダミーヘッドバイノーラルステレオマイク
・ファイル形式 : wav

=====【お願い】=====
気に入っていただけましたら、「レビューの投稿」「サークルのフォロー」をぜひお願いします!

=====【タグ】=====
#妹 #メス●● #マゾ堕ち #マゾバレ #オナ指示 #オナサポ #乳首オナニー #チクニー #主従 #焦らし #SM #奴●