CATEGORY 妻が女になる時

近親相姦エロ漫画 妻が女になる時3

□作品概要

声優・小春日より
総再生時間・74分

『お母さんに見せつけたんでしょ?』

専業主婦の妻、サラリーマンの自分、年頃の息子。
共働きじゃないのが少し珍しいかもしれない、よくある家庭。

・・・本当に、そうだろうか?

妻には家の事に専念して貰う為、専業主婦になって貰った。
息子の事もだいたいは妻に任せ、たまに自分が出て締める。
息子の反抗期も鳴りを潜めて、妻も時間を持て余している。

だから妻に『パートとかするか?』と言ってみた。
金銭的な物では無く、彼女が時間を持てあまさないように。
その程度の会話、その程度のやり取り。それだけの事。
外に出れば今より身なりを気にしたりという期待も少しだけ。

妻と息子、大切な家族。二人の為に自分は今日も働く。

だが、二人の一面しか見れてないのでは。そんな漠然とした不安を覚える事もある。

□各ファイル概略

1・『諸注意、タイトルコール』(01分)

2・『変わらぬ朝』(03分)
起きたら朝ご飯とお弁当の準備。
しばらくすると起きてくる夫との雑談。
昨日は久々に『夫婦の時間』があったからその話題も少し。
変わらぬ毎日、そう変わらぬ毎日で良い。それで良い。

3・『欲求不満/フェラチオ』(19分)
息子を起こしに行くとまだ寝てる。
布団の上からでも判るくらい元気になってる。
昨日は物足りなかった、息子が相手ならそんな事・・・。
それ以上考える前に行動する。どうせ『今更』だ。

4・『不意打ち/フェラチオ、愛撫』(19分)
時間が無いからと口だけで朝は終わらせた。
一度じゃ物足りなさそうな息子を見て『期待』はしてた。
でも、帰ってくるなり襲われるとは思えなかった。
乱暴で、身勝手で・・・なのに求められたら逆らえない。

5・『最後の一線/生本番』(28分)
他人に理解されなくても自分なりに一線を守っていた。
ただ、焦らされ、煽られ、見せつけられ、期待させられた。
その一線を超える事、それすらも今は興奮材料になってる。
『最後の一線』を超えてしまえば、体面すらも気にする余裕なんて・・・。

6・『妻が忙しくなる理由』(03分)