CATEGORY 拡張

近親相姦エロ漫画 私と母

夫が出張中は変態メス豚な母が愛娘に激しく調教してもらえる待望の時間
だらしない母の淫らな両穴に容赦なく娘の両拳がねじ込まれる
●●愛娘の奴●になるという夢を叶え、異常な性欲を爆発させるメス豚変態母と
喜々としてその母を嬲りまくる娘の調教劇

近親相姦エロ漫画 部活少女寝取られ子宮姦〜俺の恋人も妹も変態理事長共の生オナホに成り果てたんだ・・・

多くのアスリートを排出しているスポーツ名門校に進学した陽菜沢カケルと葵鈴音が付き合い初めたのはつい先週の事である。

カケルと葵はそれぞれ貧しい家庭に育った幼馴染であり、スポーツ特待による学費免除は貧困の連鎖から抜け出す唯一の命綱だった。

ただの幼馴染から恋人という関係に発展し浮足立つカケルと葵だが、放課後の部活を終えた直後、校内放送によって葵鈴音が理事長室へと呼び出される・・・

「カケルくん、足の怪我の調子が悪いようですねぇ」

まるでカケルと葵の境遇、立場、関係性を把握しているかのような理事長の言葉。

「このまま成績を出せないままだと、カケルくんの特待資格は・・・」

つまるところ脅迫だった。

スポーツ特待生としての学費免除が無ければ進学すら困難だったカケルと葵。

「さ、脱いでください。葵さん。今、ここで」

「はぁ!?何をいきなり馬鹿な事・・・っ」

卑猥な笑みを浮かべ促す理事長と、突然の窮地に頭が追いつかない葵。

「嫌なら別に構いませんよ?あなた方の特待資格は今日で終了、授業料を支払えないようであればアスリートとしての輝かしい未来もここで終わりです。葵さん、あなただけじゃなく、あなたの大切なカケルくんとその妹、蛍さんもね」

「ぐっ・・・」

あまりにも突飛で馬鹿げた提案。

しかしスポーツ特待だけが将来的な唯一の活路であり、自分がこのクソ理事長の要求を拒めば、カケルとその妹まで巻き込まれる事になる・・・

葵は、渋々理事長の「理不尽な要求」を受け入れ、覚悟を決め、ランニングウェアを雑に脱ぎ捨てる。

「こ・・・これで満足かよ・・・変態理事長・・・ッ」

「承諾、と見なしてよろしいですね?葵さん。それでは’出資者’の皆様お入りください」

理事長の声と同時に無数の男達がぞろぞろと別室からやってくる。

「な!?何だよ誰だよお前ら!?触んなっ!放せよっ!脱いで見せたら終わりの約束だろ!」

「そんな事一言も言っておりませんよ?w特待資格維持の為に我々の要求に従うか?と私は問うたのです。そして葵さん、あなたは承諾の意思を示した・・・」

「そんなの聞いてねーし!放せっ!やめろよこの変態共!」

発育途上の裸体を晒したまま、床に押し倒され、男たちに抑えつけられる葵。

「どうしても受け入れていただけないならここで終了でもよろしいですが、特待資格は本日限りで剥奪・・・葵さん、裸の晒し損ですねぇ(笑)」

「くっ・・・・・」

自分が退学になるだけならば徹底的に拒絶しただろう。

しかしその選択が意味するのは、同じ学園に通う恋人のカケルとその妹、蛍の学園生活の終わり。

葵同様、貧困家庭育ちのカケルと蛍にとってもそれは即ち人生の破綻を意味していた。

発育途上ながら陸上競技で鍛えられ、健康的に陽に焼けた葵の裸体を好き放題に弄る男たちの無数の手。

零れそうになる涙を必死に堪え、葵は覚悟を決める。

「安心してください葵さん、痛い事は決してしません。我々があなたに与えるのは’快楽’だけ・・・・・」

理事長が呟いたその言葉の真意を、この時まだ葵は理解していなかった。

「快楽だけ」

それが苦痛を伴う拷問よりも遥かに危険な奈落である事を、葵は知るよしもなかった。
カケルと付き合いだしてまだ一週間、性的な接触は当然まだ無い。
自慰の類もほとんど経験のない葵にとって「性の快楽」など想像出来るはずもない。

「痛くないようにお薬を使いますね(笑)」

その言葉も意味も、葵にはまだ正しく想像出来ていなかった。
ただの痛み止めか何かだろう、程度にしか。

・・・薬。

日本有数のアスリート排出校の理事を勤める男と、その縁の者達。

それはありふれた変態教育者による、ありがちな性犯罪などではなかった。

国家の中枢を成す権力者から富豪、司法、医学、科学、各方面の実力者達もが「出資者」として加担する大掛かりな学生売春。

そのためだけに精製された特別な「薬」。

裏で流通している市販の●物などとは何もかもが違う。
最先端科学技術を「雌の快楽増強」の為だけに注いだ門外不出の媚薬。

・・・当初、葵が耐えているのは確かに恥辱と屈辱だった。

しかし状況が進むにつれ変化していく。

本当に耐えるべきは羞恥でも屈辱でもない。

そう・・・快楽。

抗う事も叶わず強●的な絶頂へといざなう秘薬と、「この手の凌●」に熟れた男たちの「雌をイカせる」絶技・・・

「待っ・・・もうイッて・・・ッ!マジでやめろってば!!」

無論、葵の懇願など意にも介さず男たちは凌●を続け、葵を強●的にイカせ続ける。

男たちに散々輪●された後、開放された葵はようやく自分の置かれた状況を理解するが、拒めば自分と恋人とその妹の将来が塵に消える。

「お、葵!昨日理事長室に呼び出された要件って結局何だったんだ?」

翌日、何も知らないカケルに声をかけられ、狼狽する葵。

「あ、、、す、スポンサー契約的な、話、、、かな」

「まじかー!すげーじゃん葵!お前頑張ってたもんな!」

・・・本当の事なんて、言えるはずがない。

「1年C組、葵鈴音さん、至急理事長室へ」

「なんだ、今日こそは一緒に帰れると思ったのにまた呼び出しかー。まあスポンサー決まったなら色々契約とか面倒なアレもあると思うけど、頑張れよ!」

「な、何の用だよクソ理事長!昨日アレだけの事しといてまた呼び出すとか・・・ッ」

「あれで終わりのはずないじゃないですか(笑)昨日のあれは始まりに過ぎません。あなたにはこれから毎日’出資者の皆様’への奉仕をしていただきます」

「なっ・・・!?」

抵抗・・・は昨日、無駄だと理解した。

何より、一度汚れてしまえば後はもう同じだとも思った。昨日されたのと同じ事をただ繰り返すだけ。それに耐えさえすれば自分とカケルと蛍の学園生活は保証される。

何事も最初が一番辛く、次第に慣れて何も感じなくなる。

・・・葵のそんな考えもまた、全て理事長の計算のうちだった。

放課後の理事長室で日々繰り返される凌●行為、そこで葵に与えられるものは痛みでも苦しみでもなくひたすらに「快楽」だけ・・・。

次第に「それ」を拒めなくなり、やがては自ら欲するようにさえなる。
「性の快楽」は麻薬やアルコールと同じなのだ。

慢性的に浸され続ければ当然中毒症状に陥り、自ら断つ事は不可能になる。

・・・放課後の「呼び出し」を待ちわびるほどに。

そんな「恋人」の変化をカケルも感じ取る。
決して口に出さないが、葵は何か大きな事に巻き込まれている・・・という漠然とした不安。

ある日、いつものように理事長室へと向かう葵をカケルは尾行し、そこで「見てはいけないもの」を目撃してしまう・・・

「おい、あんたら・・・っ!葵に何をっ!!?」

あまりの光景に我を忘れ理事長室に飛び込んだカケルだが、瞬く間に大柄な男たちに抑えつけられ、抵抗の術もない・・・。

目の前で無数の男達に輪●され・・・何度もイカされ雌の貌を晒す恋人の姿をただ傍観する事しかできない。

「カケルくん、今日ここで見た事はどうか内密にお願いしますよ。もし警察などに垂れ込めばあなた達は・・・」

無論、理事長の脅迫になど屈する気はない。

凌●が行われる理事長室に突入する前、カケルは自らのスマホに「惨劇」を録画し、それを翌日警察に持ち込んだ。

・・・その決断がさらなる悲劇を招く事など、カケルは想像すらしていなかった。

数日後、理事長室に呼び出されたのは葵・・・ではなくカケルの妹、蛍。

言葉巧みに蛍を心理誘導し、葵同様蹂躙の生贄に処す理事長。

警察組織のトップもまた、この「闇商売」の顧客だったのである。
カケルが安易に通報などしたが為に、妹までもが巻き込まれる事となったのだ。

ある日、カケルの元に一本のDVDが届く。
「再生」を押し、画面に映し出されたのは・・・

男達に身体を弄ばれ、狂うように絶頂を繰り返す妹の痴態。
蛍の生殖器は「年相応」とはとても言い難い程執拗に拡張され、子宮口さえも伸び切ってきて。

●物を用いた拡張で身体を不可逆的に変質させられ、嬲られ、蹂躙されながら、知性無き猿のようにひたすら絶頂を繰り返す妹の姿。

カケルが頼った警察組織も、マスコミも、教育委員会理事も、有力議員でさえ、この変態理事長の裏事業に加担していたのだ。

国家ぐるみの腐敗。

それは個人が抗えるような、ささやかな悪ではないことをカケルはその日、本当の意味で理解し、絶望する。

・・・理事長室。

ほとんど自我の崩壊した「実の兄」にまたがり、派手に腰を降る蛍。

「全部私の膣内で射精していいよ(笑)・・・お兄ちゃんの事最初に好きになったのはわたしなんだから。お兄ちゃんの遺伝子は葵さんになんて一滴もあげないんだから」

カケルの眼前では、いつものごとく無数の男達に葵が輪●されている。

恋人が目の前で犯●れ絶頂する姿に欲情し、血の繋がった実の妹の膣内に射精する・・・。

「こういう趣向、背徳的で良いですよねぇ(笑)」

卑しい笑みを浮かべ、自らが仕組んだ狂宴を眺める理事長。

・・・全ては最初から定められていたのだ。
法も、警察も、マスメディアもこの狂人の蛮行を裁かない。
全ては歯車の一つでしかないのだ。

放課後の理事長室・・・それは治外法権の淫靡な魔境。

・・・これは、その場所で日常的に繰り広げられる惨劇のほんの一例である。

☆基本CG17枚、ストーリー差分込みで335ページ、文字なしを含む総ページ数は670枚になります。

☆3840×2160の4k解像度で描画しているので高解像度モニタや大型液晶テレビなどに出力した場合でもくっきりお楽しみいただけます。

☆全体的に強●絶頂シチュがメインとなっており痛そうなシーンはほぼありませんが、ストーリーの終盤には子宮口の拡張や子宮脱描写など過激な表現も若干含むので苦手な方はご注意ください。
過激な描写は一応苦手な方のためにストーリーの後半、シチュの後半に配置してあるので、過激な表現が苦手な方はその部分だけ読み飛ばしても一つの作品として楽しめるように作った・・・つもりではあるのですが、本気で苦手な方は気分を害される可能性もあると思うのでやっぱりご注意ください`~`

☆媚薬による乳首&クリの強●勃起、クリ責め膣責めポルチオ責めなどによる強●絶頂、潮吹き、失禁、アナル責め、両穴責め、尿道責め、母乳、アヘ顔などの描写が多めです。

☆概要だけでこの尺になるくらいテキスト多めで読むの若干大変かもですが・・・その分「彼女」や「妹」がそれぞれ堕とされていく過程を自分なりに丹念に描いたので、有無も言わさぬ強●絶頂による快楽堕ち寝取ラレ展開が好きな紳士は是非`~`

☆紹介文では妹編の詳細ざっくり端折っちゃいましたが、本編では妹編もそれなりの尺&枚数で描いてるので妹(黒髪ロングの子)の方が目当て!という方もご安心ください`~`

近親相姦エロ漫画 未明の頃に〜被虐●児の姪を預かって二穴調教〜

●一行紹介
姪を預かり、とあるきっかけから性的調教を施していく。

●こんな人におすすめ
・叔父・姪が好き
・倫理観がこじれる話が好き

●あらすじ:
両親も鬼籍に入り、兄も結婚して実家で一人暮らしをしている30代男性の主人公。
そんな中、兄の仕事の都合で姪の「久住 未明」(くずみ みあ)を預かることになる。
器量の良い未明と共につつがなく同居生活を送っていたが、一週間ほど経ったある日未明が自慰行為にふけって寝落ちした場面に遭遇してしまう。
さらに未明は、無関心な両親による愛情不足から、主人公に性交渉を求める。
断れない主人公は未明の処女を喪失させる。徐々に二人の関係性が性的なものになっていき…

●本文枚数 フルカラー151ページ

●Hシーンの内容
・処女喪失、射精の圧迫感で嘔吐
・調教されて乳首イキ
・バイブを使った二穴責め
・ガバマン、アナル

●ヒロイン
久住 未明(くずみ みあ)
主人公の姪。
愛情のない両親のもとに育ち、器量は良いがデリカシーに欠けるところがある。

近親相姦エロ漫画 ママと遊ぼう

●ストーリー
久しぶりの帰省で再開した母さんは、なぜか美しさと艶やかさを増していた…。
母の浮気を疑った翔太は、寮に戻ったふりをして窓から母の様子を窺うことに。そこで翔太が目にしたのは肉付きのいい尻を突き出し、淫らな玩具で責められる母の姿だった。しかも相手は父の弟…叔父の隆弘。二重の裏切りに衝撃を受けた翔太だったが、その肉棒はいきり立ち、これまでにない興奮を覚えていた。
叔父が去ったのち、翔太は窓を押し開き、情事の余韻に耽る母に忍び寄り…!?

●未亡人である母の淫らな本性を知った●●が、浮気相手の叔父に唆されるまま、母の豊満な肉体を責めたてるカラーコミック28ページ。

近親相姦エロ漫画 母胎回帰

年上の桃果と交際している達也は、自分が産まれた直後に他界した
母の温もりを彼女に求めるようになっていった。

桃果の子宮の中で身体を丸めて眠りたい。
まるで胎児のように。

そんな実現不可能な願望が次第にエスカレートしていく達也は、
ネットで購入した怪しげなダイエット薬を服用し、自らの身体を
小さくすることを試みる・・・。
そして・・・

母胎回帰願望と母性本能が織り成す大人のファンタジー。

■193枚の静止画で構成されてます。
■音声、動画は含みません。
■以下3点を含んでます。お好みの鑑賞方法でお楽しみ頂けます。
1)マウスクリックで進むスライドショー(WindowsPC用アプリ)。
2)静止画ファイル(1920*1080/jpeg)。
3)静止画ファイル(PDFファイル)。
■スライドショーは体験版で動作確認願います。体験版は動作確認用につき、
冒頭の若干のみとなっております。

近親相姦エロ漫画 夏休みのヤリ部屋監視記録〜輪●・四肢切断〜

●28ページフルカラー

●あらすじ
「夏休みの間だけ、とある屋敷の地下で変わったパーティが行われるらしい」

地下に集められた少女たちのうち一人にクローズアップしたCG集。
拘束されて輪●された後、父親の命令で四肢切断され愛玩道具にされるまでを描いた。

●ヒロイン
アズミカ
お金持ちの変態父親に売春や肉体改造を受ける。
その環境が当たり前だったため、疑問を持たずに育つ。

●要素
・かわいそうなヒロイン
・◯リ
・レ◯プ
・強●売春
・四肢切断、オブジェ化

近親相姦エロ漫画 近親相姦物語 ケツ穴を確定された熟母

◆あらすじ◆

父の単身赴任で母子家庭で育った息子。
男親が居ない寂しさを埋めてくれたのはテレビで見た野球選手だった。

その野球選手に憧れプロを目指して日夜練習に励む息子。
それを嬉しく思い健気に支える母親。

そんな親子の平穏な日々はある日、一つのニュースで終わりを告げる。

息子が目標にしていた選手に報じられた女性スキャンダル。
ケツ穴確定というセンセーショナルなワードとともに報じられた記事にショックを受けて荒れる息子。

事実を受け入れられない息子はある一つの結論を導き出す。
女性の尻の穴を●すことは野球の練習なのだと。
そしてペニスを挿れる極上のケツ穴は自分のすぐ傍にあると。

母親の尻に執着し襲い掛かる息子に組み敷かれる母。
押し拡げられた母のアナルから漂うのは禁断の肛門相姦へ誘う香り。
この狂気の行く末に待っているのは・・

近親相姦/母子相姦/ママ/お母さん/息子/中出し/妊娠/アナル/凌●