CATEGORY 桃尻ハッスル堂

近親相姦エロ漫画 寝ている間に息子が挿入してきた

■商品概要

36ページ モノクロ作品 表紙カラー

■内容

夫の仕事の手伝いで三日も徹夜させられたお母さん。

寝不足に弱い体質なのにと
愚痴りながらも、何とか家に帰ることができた。

シャワーを浴びパンティとワイシャツだけの姿で
リビングへ向かう。

体力の限界を迎え、そのまま絨毯の上に寝そべってしまう。

そして息子が帰宅。

「あっ、息子だ」と思いつつ、
起き上がることができないお母さん。

意識が少し戻った時、息子は
手マン、クンニをしていた。

「気持ちいい。なんで私の弱点を知ってるんだ」と思いつつ
また意識がなくなり寝てしまう。

次に起きた時、私の穴に息子がちん●を挿入していた。
そして中出し。

今度こそ起きなければと思いつつ
息子の完璧なテクニックにお母さんの身体は
反応してしまう。

そしてその責めを繰り返されているうちにお母さん
はメス化してしまい、自ら激しく腰を振り出すのだった。

というお話です。

近親相姦エロ漫画 年上キラーの友達に母さんを寝取られた話

■商品概要

45ページ モノクロ作品 表紙カラー

■内容

太郎はお母さんの買い物の手伝いをしていた。

そんな時、太郎の同級生タツヤと出会う。

タツヤは自称年上キラー。
同年の女子に興味を持たない変わり者だ。

タツヤは太郎の母さんに一目惚れしてしまう。

翌日、タツヤは学校でその旨を太郎に伝える。

しかし母さんのタツヤイメージは最悪で
「ダメだからね、あんな子と仲良くしちゃダメ」と釘を刺されている。

そんなこともあり
太郎は
「無理だよ。母さんは身持ち硬いし、父さんとも仲良しだし、他の人にしなよ」
と促す

「じゃあ、もし俺の女にすることができても怒らない?」
とタツヤ。

「いいよ。そんなの無理だし」

もしそうなったら味方になってやるよとまで
約束してしまう太郎。

しかし、1ヶ月後、
学校から帰ったとときに出迎えられたのは
お母さんとタツヤだった。

タツヤは言った
「だから1ヶ月前に言ったろ
お前の母さんを俺の女にしていいかって」と。

太郎は驚きながらも信じない。
「そんなの嘘だ!」

じゃあ、今らかセックス するからみろよ。

2人は太郎の目の前で痴態を見せつける。
そして太郎に
「お前も抱かせてもらえよ」と母子相姦
すすめる。

太郎は実の母親を抱くのか?

といったお話です。

近親相姦エロ漫画 ビールを飲むと淫乱になる母さんとやれた話

■商品概要

44ページ モノクロ作品 表紙と1ページ目カラー

■内容

毎夜毎夜、交尾をする母親と親父。
喘ぎ声を聞きながらオナニーする淳一(息子)

淳一はいつか母親を自分の女にすることを夢見ていた。

それは以前、親父が●っ払いながら帰宅したとき呟いた
「母さんはビールを飲むと淫乱になるんだ」
という一言だった。

淳一はこれに賭けることにした。

親父が出張した日、淳一は母親の機嫌を取りながら
ビールをすすめる。

母親はビールを1時間の間に数本飲み干す。

出来上がった母親は淳一の想像を超える
淫乱な感じの女になっていた。

その夜、ベッドを共にする2人。

淳一は母親と初体験をする。
あまりの気持ち良さに数秒で中に出してしまう。

一瞬、怒るが、淳一が落ち込んでいるのをみて許す母親。
そのまま2人の相姦関係は続く。

翌日も学校を休んで朝からセックスをする2人。

しかし、親父の会社から一本の電話がかかってくる。
親父の身に起きた悲劇。
2人が予想だにしない出来事が起こっていた。

近親相姦エロ漫画 時間を止めた母さんが俺にしたこと

商品概要

30ページ モノクロ作品 表紙カラー
jpgとpdf

■内容

夜、ベッドの上で動くことができない健太。

健太だけでなく全てもののが動かない。
時計の秒針も動かない。

時間が止まっているのだ。

そんな中、母さんが部屋に入ってきた。

「早くしないと
時間がなくなっちゃう」と
呟きながら裸になる母さん。

全裸になった母さんは
健太にキスをしてきた。
そして女のあそこで健太の股間を擦ってきた。

パイズリからフェラ
一度射精する健太。

続けて顔騎。

いよいよ挿入。

騎乗位で激しく喘き腰を振る母さん。
健太はまた射精する。

時間停止も終わりが近づいてきた。

少し欲求不満ながらも諦める母さん
「さすがに時間的に無理ね。
健太にこのことがバレるのは嫌だし」というセリフを
のこして立ち去る。

時間停止が解かれ
健太は不敵な笑みを浮かべる。

そして翌日。

性の玩具にされた健太は母親に
どのようなことをしかけるのか・・・

というお話です。

近親相姦エロ漫画 真面目な母が悪友の影響でビッチになっていた

■商品概要

44ページ フルカラー作品
jpeg・pdf同封

■内容

約1ヶ月間のクラブ合宿を終え帰宅する青年。

玄関先で見たものは
自分より黒くなっていた母だった。

以前は真面目だった母。
それが派手な服とメイクで別人になっていた。
(悪友のチカに習った。)

しかし息子にとっては今の母の方が良かった。

以前の母は神経質でいつもイライラしている
めんどくさい人だった為だ。

それにしても何故、母はおっぱいやお尻が大きくなり
大量のフェロモンを放出するようになったのか。

母は
「毎晩、旦那に求められているうちに
女性ホルモンが増えたんだと思う」とぶっちゃける。

部屋で休もうとする息子に
「ダメよ。先に風呂に入りなさいと」促す母。

湯船につかる息子。

その時、
扉が開き際どい水着姿の母が入ってきた。

フェロモン全開でY時バランスで息子を悩殺する母。

母から息子への激しいアプローチが始まる。

男を惑わせるフェロモンの力になすすべのない旦那と息子の様をお楽しみ下さい。

近親相姦エロ漫画 合格祝いはママの身体

志望校に合格した息子の裕二
それを泣いて喜ぶママ。

そんな泣いて喜ぶママをしり目に裕二は言い放った。

「ママ 約束覚えてるよね
ちゃんと守ってよ」

ひきつるママ

理由は志望校に合格できたら裕二と
セックスするという約束をしていたためだった。

その約束を今日、実行しないといけない。

近くのホテルに入りシャワーを浴びるママ。
そこに勃起まま入ってくる裕二。

そこで目にしたのは裕二のデカチ●ポ。

動揺するママ。

色々な抵抗を試みるが
結局は息子の裕二と近親相姦する運命へ。

時間の経過とともにママは裕二のデカチ●ポの虜になり
セックスの権化になっていくお話です。

夫と姑からのパワハラによるストレス解消を息子のデカチ●ポに求め
本気で腰を動かすママをご覧ください。

■データ
jpgとpdf 58ページ

カラー表紙 1枚
キャラクター紹介と後日談(モノクロ 2ページ)
本編(モノクロ)55ページ

近親相姦エロ漫画 母子相姦5本セット お母さんとママと息子の気持ちいい関係

桃尻ハッスル堂の初期母子相姦作品をまとめました。
可愛いお母さん、キツキツのママ、天然のお母さんなど
色々なお母さんのお●んこをご堪能ください。

★ 収録作品 ★

■駄目息子とママの関係 37頁
2018/01/24

■僕が3か月かけて母さんを落とした話 27頁
2018/02/28

■お母さんと早漏息子 32頁
2018/05/23

■お母さんと短小息子 40頁
2019/02/18

■クールなママが10日で落ちた話 59頁
2019/04/20

合計195頁 770円(税込み)×5作品=3850円を
1650円(税込み)

データはjpgとpdfです。

本作は桃尻ハッスル堂の過去作品のよるパック商品です。

————————————————————

※過去にご購入されている方は重複してしまうので
ご購入されませんようご注意ください。

近親相姦エロ漫画 ママとあゆみさんに搾り取られる息子の話

■商品概要

69ページ 表紙カラー モノクロ作品
本編66頁

データ jpgとpdf

■内容

ママの妹、あゆみさんが遊びに来た。

夜、食事を済ませてから3人(ママとあゆみさんと虎太郎)
で楽しく談笑。

その後、ママはあゆみさんとだけで
話をすることになった。

息子の虎太郎は部屋に戻って勉強することになったのだが
勉強に集中できない。

虎太郎はこそっと2人のいるリビングにおりた。

ビールをしこたま飲んでいる2人。

話は夜の生活、旦那への不満だった。

「3か月振りなのに3分でピュッよ
当然2回目はなし」

「うちも1か月振り、2分で終わり」

そんな会話が繰り広げられていた。

虎太郎の存在に気が付かないママの
口から出たのは

「私はあとくされのない
おやつ感覚のサクッとした
セックスができれば
それでいいの」

そして
「あの子(虎太郎)から求めてくれると
嬉しいんだけどなぁ」
とも言ってしまう。

虎太郎は
「ぼ、ぼくでよかったら
ママとセックスさせて下さい」とその場で告白。

驚くママ。

あゆみさんの後押しもあり
寝室でセックスをすることになる。

何故かあゆみさんも全裸になり参加していた。

あゆみさんも虎太郎を狙っていたのだ。

そこから虎太郎の精を搾取する2人。

はたして欲求不満の人妻2人の攻撃に
虎太郎は耐えられるのか?

近親相姦エロ漫画 ママが性欲モンスターになっていた日

■商品概要

48ページ 表紙カラー モノクロ作品 本編45頁

■内容

学校から帰る卓也。

卓也を迎えたのは全頭マスクで半裸姿のママだった。

驚く卓也。

コスプレにも驚いたが何より
いつものママと体型が違う。

ママは小柄で華奢なのだが
目の前にいるママは背が高く巨乳でお尻もでかい。

この姿とこれから起こることが卓也の誕生プレゼントなのだという。

「今日は何をやってもいいからね。
卓也の全てを受け入れてあげる」

震えながらもおっぱいを揉む卓也。

そしてパイズリから念願の母子相姦。
子宮にありったけの精子を出す卓也。

油断する卓也にママからのディープキス。
卓也にとってのファーストキスだった。

それに続いて激しいフェラ。

バックから責める卓也
またも中出し。

限界を超えた卓也に
もっともっとと求めるママ。

意識を失うまで続く快楽地獄に卓也は耐えられるのか?

といったお話です。