CATEGORY 絶対気まぐれ宣言

近親相姦エロ漫画 Happy Face 〜ぼくはピエロ〜

「絶望」がテーマの甘さ皆無、鬱、メリーバッドエンドの暗くて重いお話

※この作品には以下の内容が含まれます。苦手な方はご注意ください。
・性器の断面図表現
・流血表現(グロテスク表現なし)
・軽度のホラー表現
・死亡シーン

あらすじ

主人公の福永幸孝(ふくなが ゆきたか)は義理の姉の直子(なおこ)と
小さなアパートで二人暮らしをしていた。
●●の頃、直子は幸孝と遊んでいるときに歩道橋の階段から落ち、そのせいで左足を悪くしている。
幸孝は直子の身の回りの世話をするために家事全般をこなしつつ
コンビニでバイトをしながら、将来の夢だったピエロの仕事をしていた。

月に2回病院の小児科病棟でピエロの格好をして●●たちを楽しませていたが、
ある日初恋の人である梓(あずさ)と偶然再会する。
梓と話をすると、彼女は夫を亡くし息子は難病で入院しているという。
不幸といっていい状況だが、梓はこう言った。

「たぶん幸孝より幸せだと思うな。」

梓と話を切り上げ、コンビニでバイトをしてから帰宅する幸孝。
電気のついていない暗い部屋で直子は幸孝を待っていた。

「おかえり。お風呂わいてるから一緒にはいろっか。」

「あの女の臭い、消しちゃおうね。」

そう言われながら、幸孝は直子に手を引かれてお風呂場に連れていかれる…。

義理の姉の異常な執着と束縛。
「笑顔は皆を幸せにする魔法」という言葉を希望に生きてきた幸孝だが、
ついに限界が訪れる…。

————
総ページ数77P 本文70P 表紙裏表紙など4P オマケ画像3P