CATEGORY 編澤研究所

近親相姦エロ漫画 獣人症の妹はオレの精液が好みらしい

理絵「兄さん・・・今日、『あの日』なので・・・
早く帰ってきてもらえると・・・」

朝、学校へ行く前に交わした妹との約束。
『あの日』になる度に交わす2人だけの約束。

だが、オレはそれを守ることが出来なかった。

急いで帰ったオレの前には『あの日』・・・
そう、毎月起きる『獣人症』の発作によって、
異形の姿になった妹がいた。

『獣人症』
この症状を持つものは、一定周期で獣の様に変質し、
それに伴って攻撃性が上昇してしまう。

だが、妹の場合は少し
特殊であり・・・

攻撃性では無く、
性欲が上昇してしまうようで・・・

なので、症状が出るたびに毎回
オレが彼女の性処理をすることになっているのだ。

全21ページ
JPGファイルの他に
PDFファイルを同梱しております。

近親相姦エロ漫画 催●術で姉ちゃんをオレの性処理係にしたので、とりあえず今日もS〇Xする

「あら、おかえりなさい」

「ただいま。姉ちゃん」

何ともない日常のあいさつ。

はたから見たら仲の良い姉弟にしか
見えないだろう。

だが、姉ちゃんは催●によって
オレの性処理係になっている。

さて、今日も始めようか・・・

◇基本CG11枚
◇台詞差分76枚全合計131枚

近親相姦エロ漫画 その辺にいた○○を催●使ってオレのこと大好きなエロエロ妹にしてみた。

とある日の昼下がり。

溜まった欲求の捌け口を探すため
アパートの廊下をぶらつくオレ。

すると、いるではないか。

性処理をするのにちょうど良いガ〇が。

よし、今日はこいつを性処理に使うとしよう。

滾る欲望を抑えつつオレはゆっくりとガ〇の元へ
向かい始めた。

◇基本CG11枚
◇台詞差分79枚全合計147枚