CATEGORY 複乳/怪乳/超乳

近親相姦エロ漫画 僕の姉ちゃんは爆乳女子校生なのにズボラで無防備

【僕は我慢しているのに、そんな恰好している姉ちゃんが悪いんだ!】

僕の姉ちゃんは、なんと言うか、特別だ。学校でも話題の中心になるほどの爆乳を持ちながら、家ではとてもズボラ。それに、彼女の無防備さが私を困らせることもしばしば。

朝、私たちの家のキッチン。
「ええと、昨日のレポートは…あれ?」姉ちゃんは冷蔵庫を開けながら、頭を抱える。制服のブラウスのボタンが一つ外れており、胸が少しだけのぞいている。
僕は目をそらし、思わず「姉ちゃん、ボタンが…」と口にする。
「あっ、また?」彼女は慌ててボタンを留める。「ありがとう。」
「それより、レポートはどうしたの?」私は姉ちゃんのズボラさに呆れながら尋ねる。
「どっかに置いてきちゃったかな…」彼女は首を傾げる。

夜、リビングルーム。
僕はテレビを見ながら宿題をしている。と、そこへ姉ちゃんがパジャマ姿でやってくる。もちろん、胸が強調されるようなラフなもの。
「あー、眠い!」
「ちゃんと寝る時間を守ってるの?」私は彼女を心配しつつも、少しイラッとする。
「うーん、最近夜更かししちゃって…」
「だから毎朝、起きられないんだろ?」私はため息をつく。
「でも、弟くんがいるから安心。」彼女は私の頬をつねりながら笑う。
朝いつも起こしに行くのは僕でいつも姉ちゃんは乱れた格好で寝ているところを起こさなければならず、朝から刺激的なシーンを目撃することになる。
でも、そんな姉ちゃんが大好きだ。

日が暮れると、姉ちゃんは風呂上がりにリビングにやってくる。髪を乱れたままの姿で、胸が目立つタオル一枚を身に纏って。
「あっ、冷え冷え〜!」彼女はソファに横になる。
僕は彼女の無防備な姿にドキドキしながらも、「服、ちゃんと着るから!」と叱る。
「うん、わかった〜」彼女はにっこりと笑う。
そんな日常が続く中、私はある日、姉ちゃんに語りかける勇気を振り絞った。
「姉ちゃん、あんたがズボラだからって、僕がいつも助けてあげるわけじゃないからね。」
彼女は驚いた表情で私を見つめ、「でも弟くんだっていつも胸とか脚とか見れて役得でしょ?」

「もっと見たいってこと?しょうがないなぁー」

尻コキ、パイズリ、フェラ、騎乗位、バックなどの様々なプレイを収録!

※本作で描かれるシチュエーションは全てフィクションであり、登場する人物や設定等はすべて架空のものです。
※本作はStable Diffusionを使用し生成したAI画像を加筆修正しており、雰囲気や迫力を重視している為、細部が一部破綻している場合もございます。
※登場人物は全員18歳以上になるよう生成しております。

近親相姦エロ漫画 妹観察生活

妹を観察する生活

日々大きく成長していく妹のオッパイと…えっ!お腹も?!!
誰の子かも分からず本人も意識していない妊娠したらしい妹のお腹と、これまた大きくなっていくおっぱいを観察する兄の日常

□ストーリー□
日々、女性らしくおっぱいが成長していく妹。
兄としてエッチな視線で見まもっていると…お腹まで成長してきている?!
まさか、俺の子…??
そんな訳はないし、どうなってるんだ?
誰の子かも分からず本人も意識していない妊娠したらしい妹のお腹と、これまた大きくなっていくおっぱいを観察する兄の日常

□妹観察□
(膨らみ続けるおっぱい観察)
妹と同じ家で生活し妹の生態を目撃

大きく成長するに従っておっぱいの谷間が見えやすい環境に…
ふとした瞬間におっぱいが見えているに違いない!
タイミングを見逃すな!

無警戒に生活する妹を観察しよう!

(妊娠腹ぼて観察)
どういうことだか妊娠しているらしい妹。
本人は妊娠という知識も無く単純に太ってきたと思っている…。
大きくなってきたお腹をメジャーで測って太りすぎたとパンツ姿のまま部屋を飛び出てきて驚いているし。
寝ているところをこっそりと直接観察だ!

□襲っちゃう□
近親相姦シナリオもあります