CATEGORY TGA

近親相姦エロ漫画 艷やか祖母[続]

長年連れ添った夫が他界し、心の整理はついたものの……身体の疼きを抑えられずにいました。そして、魔が差した私は些細なきっかけから多感な年ごろの孫と関係してしまったのです。好奇心と性欲旺盛な若い子は休み知らずで、孫は次から次と私の熟れた肉体を求めてくるようになり……。

「なっ、はあっ、何してるのっ……こ、こんなところでいたずらはやめなさいっ……んっ、はあっ」
「ずっとじっとしてたから、もう僕ガマンできないんだ」
「なっ……こんなところでっ……んっ、住職さんに気づかれちゃうじゃないっ……やめなさいっ……」
「はっ、なっ……はあっ……こんなところでっ……ぬ、抜きなさいっ……んんっ……」
「くふうっ、ひふうっ! おふうううううっ……」
(脱力感が襲ってくるけど、ここで崩れたら本当にバレてしまう)

「もう、ダメよ、さっきしたばかりでしょ? それにお母さん帰ってきちゃうし」
「ねっ、もうガマンできないからさ!」
「えっ、ちょ、ちょっといきなりっ……はああっ、あっ、んくっ」
「えっと、こういう体勢でするのもあったよね? パソコンで見たんだ」
「ま、またそんなの見て真似してっ……はっ、あふうっ、ひゃんっ!」
「んふぃうううっ! そ、そこらめえっ! ひあっ、ふぁっ、このままじゃっ……んひうっ!」
「母さんどうかしたの? なんか声がしたけど、また何か落とした?」
「あっ、な、なんでもない、のっ……んっ、くふっ……」

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 8枚+α
・差分込み本編 139枚
©TGA/アパタイト
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ

近親相姦エロ漫画 艷やか祖母

長年連れ添った夫がこの世を去り、私は悲しみに暮れていました。心の整理は出来たつもりだったのですが、時折、夫を思い出して自慰に耽ってしまいます。ある時、そんな姿を孫に見られてしまった私でしたが、彼が股間を抑えてもじもじする様子につい……手を出してしまったのです。

「浩次郎、いつから、そこにいたのかしら?」
「……浩次郎ダメよ、こんなところでズボンに手を突っ込んでそんな弄っちゃ」
「大丈夫よ、私がなんとかしてあげるから、こっちへきなさい」
「お、おばあちゃん、僕のそこ、舐めてるの……? はっ、あっ、んあんっ!」
「……いいわ、こんなおばあちゃんの身体なら、好きにして」
「んっ……んふっ、そうよ、そのまま腰を前に出してきて……はっ、んんっ……」

「うん、だから僕……おばあちゃんがほしいの」
「んっ、あんっ! な、なにをっ……ちょっと!」
「はっ、あっ、ひゃふうっ! んふうっ!」
「んっれろっ……ふぁあっ……んっ、ちょっとしょっぱいねでも柔らかくて気持ちいい」「えっ、クンニ……ちょっとっ、そんなのどこで知ったの?!
「んっ、んんっ……このまま、挿れてくること、できる?」
「んんっ、んくっ……あああっ、どんどん、んんっ……ずずって、入ってきてるっ……はああっ……」
「んっ、んんっ、はああっ……も、もっと、動くの速くしてもいいのよっ? はっ、んはあっ……」

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 7枚+α
・差分込み本編 128枚
©TGA/アパタイト
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ

近親相姦エロ漫画 母の性嗜好[続]

息子がひどい虐●にあっている事を知った私は、彼を守るために虐めグループの求めるままに身体を許したの……。容赦なく息子の前で次々と覆い被さってくる男たち。モノを捻じ込まれ、激しく腰を打ちつけられていくうちに、私は肩を震わせながら絶頂を示す嬌声を響かせていた……。

「ダメぇ……イクッ! 撮影なのにマジイキしちゃううぅっ!」
「昔みたいにぃ、思いっきり種付けされちゃう……ッ!」
「あーーイクッ! イキながら孕んじゃうッ! 弟か妹がデキちゃうのぉ!」
「んっおぉぉぉ……せ、精液ぃぃ……いっぱい出されてるぅぅッ! い、イクイクイクぅぅ……ッ!! くっほぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜ッ!!」
「おぉぉイクッ……ふひぃぃイクぅぅ! 男優ペニス最高ぉッ!」
「やだぁ……自宅でAV撮影ぃぃ……ハマっちゃいそぉッ」

「――もう、哲太くんとは別れてくれ」
「でも、別れてしまえば……また漠がイジメられてしまうわ……っ」
「めんどくせぇ別れっか、なぁ?」
「ねぇ、お願いっ! 何でもする……私の身体ぁ、捧げるから!」
「だから、だからぁ……見捨てないでぇ……ッ」
「最高ぉぉッ! イキまくった上にぃぃ……ションベンぶっかけぇ!」
「虐げられるの好きぃ……ヤミツキになっちゃうぅぅッ」
私ぃ……頑張ったわぁ……だから、別れないでぇ……。

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 7枚+α
・差分込み本編 129枚
©TGA/アパタイト
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ

近親相姦エロ漫画 いじってほしいJK[続]

イジメられて、興奮したい――。周囲からは真面目に見られるけど、誰にも言えない’ドM気質’がある私。卑猥さで満たされたアダルトサイトに出入りして、拗らせた性癖を満たすディープな体験に溺れていきました。今日もご主人様の命令を受け、マニアックなプレイにのめり込んでいくのです……。

「んっ、あぅっ、ん……ほら、大丈夫でしょ?」
「そういうプレイってわけか? この変態がっ……」
「かふっ……ふぐぅっ……!? んっ、んっんっ……んぁっ、あっ……っ……ひぅんんんっ」
「うぁっ、あぁ……やめてぇ、許してぇ……あうぅっ……」
「お願い、イ、イかせてぇ電車が止まる前に、私を気持ちよくしてぇ……」
「はしたないクリトリス、もっとイジメてぇ……、お仕置きで絶頂させてぇ」

「汚らしいメス犬め、お前に、ご褒美だ」
「あ、あ……んっください……」
「私に、この卑しいメス犬に、ご主人様の、太くて硬い棒を突き立ててかき混ぜてぇ……」
「違っ……そこ、そこは……っ……あぐぅぅっ」
「うぎっ……はっ、はぐっ……許してぇ、お尻ぃ、閉じなくぅおっおぐっ……ぐひぃーっ!?」
「ぐぇっ……くひっ……ゆっ、許してぇ……んぎぃ……ひっ、ひっひっ……ひはあぁっ!?」
「ぎもぢいいっ……ぎもぢいいっ、ぎもぢいいぎもぢいいっ、ぎもぢいいぃぃっ……! ひぁーっ!?」
「イクッ……イクイクッ……お尻ぃお尻でイッちゃうぅ……変態妹、お尻でイッちゃうぅ……ンッ……」

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 7枚+α
・差分込み本編 152枚
©TGA/アパタイト
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ

近親相姦エロ漫画 むっつり淫乱ママ[続]

外出中、雨宿りに入った地下通路で、ウチのママと見知らぬ男性のエッチを目撃した僕。その出来事があってから親子の距離が縮まり、より深い関係を結んでいったんだ……。それから何度も身体を重ねながら、息子の成長を喜んでくれるママ。僕は今日も彼女をイカせまくる!

「眠れないんだったら、すっきりとさせてあげる」
「心配しなくてもいいのよこれは夢なんだから……」
「薫の……おいしい……おしゃぶりしているとうずいてきちゃうの……」
「ねえ、あそこを舐めて薫のお口で……ママのあそこを舐めて……」
「ま、ママ……僕……もう、いっちゃいそうだよ……」
「いっていいのよ……ママもいっちゃいそうだから……」

「んっ……んんぅ……んふぅ……こんなになっていたら……勉強なんか手につかないわよね……」
「ママ……こ、こんなこと……ダメだよ……」
「あそこがうずうずして……こらえきれなくて……んっんぅ……んはぁぁ……」
「んぁ……ああぁ……あんっ……えっちなママを……許して……」
「薫のにご奉仕しながらだと……オナニーがすごく気持ちいいの」
「えっちなお汁も、いつも以上にあふれてきて……んあぁ……はあぁん……」
「ママ……こ、これじゃあ……勉強に集中できないよ……」
「出して……薫の股間にたまっている精液を、思いっきり出して……」

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 8枚+α
・差分込み本編 133枚
©TGA/アパタイト
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ

近親相姦エロ漫画 いじってほしいJK

イジメられて、興奮したい――。周囲からは清楚に見られるけど、誰にも言えない’ドM気質’がある私。苦痛と快楽に蕩ける女性が掲載されたサイトを見ながら、いつも自分を慰めています。そしてついに、’私を……調教してください――’と自らの秘めた欲望を開放したのです……。

(そこにあるのは、私にとって夢のような世界)
「ごめんなさい、ごめんなさいご主人様……私は、私は……」
「ダメ、ダメダメぇ……ダメぇ、ご主人様ぁ……もう許してぇっイ、イクッ……ひぃんっ……!」
「そんな……あ、ああっ、強いぃ、あっぎぃ……つ、潰れるぅぅ……私のクリトリス、潰れちゃうぅ」
「ああぁ……イクッ、イクイクッ、ん、んあぁっ、あっあっあっあっあっ、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……」

「さて……変態メス犬に、最高のお仕置きをしてやらないとな……?」
「は、はい……あまり、痛く、しないでくださいね……」
「やめっ……やめてぇ、私が、悪かったからぁ、もう!」
「だがな、ひなた、俺は、正直言って嬉しいぞ」
「……お前のことだから、俺に甘えてくると思っていた、だが、自分を厳しく罰することを選んだ」
「あっ、く……っ……んっぐぅ……ひ、引っ張らないでぇ……痛いぃい、いたぁ……っ……ぅう……」
「――あ、れぇ……? 気持ち、いい……? んぎぃ……痛いのにぃ、気持ちいいよぉっ!?」
「ご主人様ぁ……兄さんはぁ……私ぃ、メス犬ひなたのご主人様ぁ」

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 7枚+α
・差分込み本編 143枚
©TGA/アパタイト
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ

近親相姦エロ漫画 僕は妹のオモチャになってしまった[続]

妹のコラ画像で自慰に耽る姿を見られ、コイツの言いなりになる約束をさせられた俺……。初めはエッチな悪戯や挑発でからかってくる程度だった妹は、好奇心から俺を責めるプレイに転じていた。その内容は次第にマニアックかつエスカレートし、ついには一線を超えてきて……。

「はい、お兄ちゃん……お尻でさせてあげるっ♪」
「えっ、えっ……でも……」
「いいのっ、私がしたいって言ってるんだから……お兄ちゃんは言うことを聞いて、ほら……」
「ほらぁ……アソコはまずいけど、こっちならしてもいいんだから……我慢しないでいいんだよ」
「あっ、はっ……ぁぁっ、お兄ちゃんの……入って……ひっ、はひっ……」
「ぁぁ……っ? あっ、ひっ……はひっ……ぅぅ、お兄ちゃんの動いて……あぁっ、お尻……んぅ」

「きょ、今日こそ……してやるんだから、こうやって」
「あ、あぁぁ……入ってきたぁっ! 本当は挿れたいんでしょっ? こんなにびくびくさせて……っ」
「んっ……はぁ、ほらぁ……お兄ちゃんの、こうやって全部入れちゃうんだからっ」
「くぅっ……お兄ちゃんなんか、私の中で射精させちゃうんだから……んぅ、こうやってぇ……」
「私だって、お兄ちゃんのこれ、ちょっと慣れてきたんだからぁ……」
「せっかく感じてきたんだから……お兄ちゃんだって、気持ちいいんでしょっ?」
「ほら、一緒に気持ち良くなろうよ……っ」
「私の中、もうこんなになっちゃってるんだよ? お兄ちゃんのっずぽずぽしちゃうんだからぁ!」

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 7枚+α
・差分込み本編 141枚
©TGA/アパタイト
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ

近親相姦エロ漫画 僕は妹のオモチャになってしまった

「お兄ちゃん、こんなことしてたんだ……」妹のコラ画像で自慰に耽っていた俺は、その姿を、一番見られたくない相手に見られてしまった。そして、そのことを見逃す代わりに、妹の言いなりになる約束をさせられる……。それからこいつのエッチな悪戯に翻弄されていくハメに……。

「何でもするから、お母さん達に言うのだけは……今回は見逃してくれ、頼むよ」
「ふーん、何でもしてくれるんだ……じゃあ服、全部脱いでみてよ」
「言うこと聞かないと……わかってるよね?」
「こういうの……嬉しいんでしょっ?」
「ほら……こうしてあげるっ妹でオナニーする変態お兄ちゃんなんかっ……」
「わかればいいのよ、くれぐれも自分の立場を忘れないようにね、変態のお・に・い・ちゃ・ん?」

「んぷっ? 立華……な、何して……っ? やめっ」
「んふふっ……今日はこうやってお尻でいじめてあげる……こういうの好きなんでしょ?」
「えぇ〜っ? そんなこと言ってぇ……お兄ちゃんのコレ、がっちがちになってるじゃない……」
「言い訳しないっ……妹のお尻舐めてこんなに硬くしちゃってるんだから……」
「ほら、もっと舐めなさい……♪」
「ひっ……んぁぁっ? ひっ、お兄ちゃん、必死すぎだってばぁ」
「もぉ、あんまり調子に乗ってるとぉ……こうしちゃうからっ」
「妹のお尻舐めて喜ぶ変態お兄ちゃんなんか……こうしてやるっ……このっ!」

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 8枚+α
・差分込み本編 138枚
©TGA/アパタイト
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ

近親相姦エロ漫画 むっつり淫乱ママ

外出中、雨宿りをしていた地下通路で、ウチのママが見知らぬ男の人とエッチを……。それからずぶ濡れで帰った僕は、シャワー中にそのことを思い出し股間を勃起させていた。すると裸になったママが、「恥ずかしがることはないのよ……」と僕のオチンチンを優しく包み込んでいき……。

「ママも女だから……身体を持て余しちゃうの」
「恥ずかしがることはないのよ、健康な男の子ならそうなって当然なんだから」
「ママ……? 何を……?」
「あぁん……とっても力強いのね、ママの胸の間で、こんなに暴れている……」
「あそこもうずいて……いけないお汁が……んっ、んんぅ……んはぁ……」
「薫……えっちなママを許して……」

「こっちも見て……私のあそこ……」
「お風呂場ではよく見えなかったでしょ、じっくりと見ていいのよ……」
「私のあそこ、舐めてちょうだい……」
「男の子がママのあそこも舐めたことがないっていうのは……かえって恥ずかしいことなのよ」
「初めてだから、上手にできないかもしれないけれど……一生懸命にするね」
「んんっ……んあぁ……ああぁ……いいっ……いいわ……上手よ……」
「んはあぁ、ああぁ、あひぃぃっ、ああぁん……そ、そこは……」
「そこは……弱いの……そこをいじられると……感じすぎちゃって……」

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 7枚+α
・差分込み本編 124枚
©TGA/アパタイト
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ

近親相姦エロ漫画 触手プリンス二世[続]

夫亡き後、子どもたちと強く明るく生きてきた私は、ある日、「触手王子」と名乗る異形の者に遭遇しました。「そいつ」は私を蹂躙しただけではなく、あろうことか私の娘にも気味悪い触手を伸ばして弄んだのです。そして魔界に引きずり込まれた私達は、さらなる快楽地獄へと落とされて……。

「おおっ、効果絶大だねぇ! これで、睾丸の精子生成量もアーップ! イェーイッ!」「こ、これっ、これ何ぃいっ!? これほんとに、ボクの……ボクのタマ……ウソ、やだ、やだぁあ!」
「ひゃぁ……タマ……がぁ……そんなっ、ううっ、あっ、動かさないでぇえ……!」
「ひゃっ、あっ、ああっ! ダメぇえ、やめてっ、擦られたら、もう……」
「すぐイっちゃうよぉ!わぁっ、触らないでっ、ズンズンしないでっ!」
「はっ、うっ、やだっ、やめてよこんなの! おかしくなるっ、ふうっ、はあっ、やめっ、あっ」

「わかったわよ! 花嫁になればいいんでしょっ、あぁん! 泉を解放してっ……う、あぁん……!」
「はい、それじゃ、交渉成立! ではでは、誓いの証に〜……」
「ひゃああっ、あぁああっ!! あっ、あぎっ、ひぃいいいい! はぁあっ、ひぐぅうう……!!」
「やっぱり処女だったんだぁ、まあ、そんな雰囲気だもんねぇ それじゃ、拘束を外してやろう」
「ひゃ……ああっ!? あっ、や、ああっ、やめて、動かないで……ふぁあああ!」
「あぁあっ! ひ、はあっ! やめっ、あぐぅ! こ、壊れるっ、うがっ、はっ」
「そんな、待って、ひゃあっ! ぎっ、おかしくなりゅっ、あぅ! あっ、あっ、んひぁああっ……!」
「うっ、出るっ、出るぅうっ! お姉ちゃんっ、気持ちいいっ、イくっ、ふ、あぁあっ……!」

ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ
・基本CG 7枚+α
・差分込み本編 139枚
©TGA/アパタイト
ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ