TAG 甘えん母

近親相姦エロ漫画 前田家の親子が相姦に至るまで 後編

前田家の母・加奈(かな)とその息子・武尊(たける)の親子関係は少しだけ普通の家庭と異なっていた。きっかけは武尊が加奈の自慰行為の現場に遭遇してしまったこと。それから武尊は、自慰行為の手伝いを申し出る。愛する母がみじめにも自分で自分を慰めている。そのことが許せなかったのだ。そうして、武尊は日常的に加奈の自慰行為を手伝うようになった。回数を重ねるにつれて、行為は少しずつ過激に、エスカレートしていく。

ある日のことだった。いつものように加奈の自慰行為を手伝っていた武尊に、加奈は「バイブを入れてほしい」とお願いする。

内心の動揺を隠し、加奈のお願い通りにバイブを加奈の秘所に挿入する武尊であったが、やはりその行為はこれまでとは一線を画すものだった。

男の肉棒を模したバイブが、深く母の股に飲み込まれていく―――それはあまりにも性行為を連想させる光景だった。

バイブの出し入れに応じて、加奈は艶めかしく声を上げ、遂には甲高い嬌声と共に果てた。

いつもであれば、加奈が一度絶頂に達すれば自慰行為は終了である。いつものように後片付けに入ろうとした加奈の秘所に、今一度バイブが突き立てられた。困惑に喘ぐ加奈。しかし武尊の手は止まらず、加奈は強●的に二度目の絶頂に導かれてしまう。

ベッドに伏し、荒い息を吐く加奈を見下ろす武尊はギンギンに怒張した一物を露出させていた。武尊は気づく。母は女で―――自分は男なのだ、と。

〜〜ここまで前編〜〜

〜〜ここから後編〜〜

怒張した一物を加奈の秘所にあてがう武尊。しかしその瞬間聞こえた加奈の拒絶の声が武尊を急激に我に返らせた。青ざめ、謝罪し、早々にその場を離れようとする武尊。だが、加奈はその手を伸ばして武尊の腕を取り、その場に引き留めた。

「武尊のそれ―――苦しそうだよ?」

そしてそれから始まったのはいつもと逆―――武尊の怒張した一物を、加奈が慰める行為であった。戸惑い、しかし拒絶はしない武尊。慈しむように我が子の性器をしごき続ける加奈。程なく武尊は絶頂を迎える。迸る大量の精液。むせかえるような青臭さが加奈の鼻をつく。加奈は無意識に口を開け、まだまだ硬く反り返った息子の一物を口に含んでいた。

「あぁ〜〜! かあさん! かあさぁ〜ん!」

己の愛撫で息子を気持ちよくさせてあげられているという事実が、加奈の母性本能をどうしようもなく昂らせた。下腹部の熱は際限なく高まり、そのまま加奈は口で息子を射精に導き、その精液を一滴残らず飲み干した。

「ねえ武尊。久しぶりにママって呼んでみて?」

「……ママ」

「…たぁくん、ママのおっぱいちゅうちゅうしてえ!」

母性本能が刺激された加奈はかつての幼き頃への退行を求め、武尊はそれに応えた。

ママと呼ばれ、興奮する加奈。しかし武尊もまた、幼い頃のような振る舞いをとることに異常な興奮を覚えていた。

そのまま加奈は、小便を導くように優しく語り掛けながら、武尊を三度目の絶頂に導く。

―――誤解しないでね? ママね、嫌なんじゃないのよ

そんな加奈の言葉を最後に、その夜は終わりを迎えた。

翌日。

昨晩のことを思い返して自己嫌悪と羞恥に悶える武尊であったが、とにかくいつも通りにふるまうしかあるまいと決意する。

しかし仕事から帰宅した加奈は挙動不審で、買い物袋を持とうと提案する武尊を避けるようなそぶりをする有様であった。

すこしむっとした武尊はひったくるように加奈の手から買い物袋を取り上げる。

その中に入っていたのは避妊具(コンドーム)であった。

もしや、と武尊は息を飲む。

昨晩の、あの拒絶は。

ただ、コレが無かったため――――――?

避妊具を見られた恥ずかしさからか目をそらして言葉を探している様子の加奈に、武尊は歩み寄り、想いのままに、キスをした。

加奈はそのキスを受け入れ、目を閉じる。

そして、二人は生まれたままの姿でベッドにいた。

遂にまぐわう母と子。

かつての日常の中に見た姿と、目の前で乱れる裸体のギャップが脳を焼く。

今、自分は母を抱いている――――

今、自分は息子に抱かれている――――

溶けあい、混ざり合うように、二人は肌を合わせていく―――――――――

母×息子 モノクロ漫画54ページ

前編を読んでなくても楽しめると思いますが、気になっていただけたなら是非♪

近親相姦エロ漫画 前田家の親子が相姦に至るまで 前編

前田武尊(まえだたける)は母子家庭で育った学生だ。
武尊の母である加奈(かな)は早くに夫と別れ、それ以降、一人で武尊を育ててきた。
加奈は自分の全ての時間を武尊に注いできた。
武尊もそのことはよく分かっている。そういう年齢になった。
武尊はこれまで加奈にそうしてもらったように、恩返しのように、加奈に尽くした。
友との付き合いは最小限にし、加奈が働きに出る平日には真っすぐに家に帰り、夕餉の支度をすませ、風呂を沸かして加奈の帰りを待った。
出来た息子である。
そんな息子を、母である加奈が可愛く思わないはずがない。
加奈は武尊を溺愛していた。
武尊もまた、もしかしたら加奈以上に、母を想っていた。
そんな二人だからか―――少しだけ、二人には普通の母子には無い関係性がある。
「武尊、今日もお願いできるかしら……」
そうやって、息子をベッドに誘う加奈。
「勿論だよ、母さん……」
誘いを断るはずもなく、武尊は母の待つベッドへ上がった。